建築・土木・設備製品・工法 総合カタログdbNET

〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

dbNET新着情報

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ☆★☆   dbNET   Weekly ニュース    ☆★☆
                            【VOL.109  2017年 8月 10日】
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

…………………………………………………………………………………………………
このメールはdbNETファミリーのユーザー登録時にメールアドレスをご記入いた
だいたお客様に送信しております
    Webサイト ◇http://www.dbnet.gr.jp
    Facebook  ◇http://www.facebook.com/dbnetgrjp
    Twitter  ◇http://twitter.com/dbNET12

…………………………………………………………………………………………………

■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■   今週のもくじ
■ 1. プロローグ
■ 2. dbNET会員紹介  ~丸一鋼管株式会社~
■ 3. J・Hのささやき 「福沢諭吉について(7)」
■ 4. dbNETファミリーへのリンク
■ 5. エピローグ
■       
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1.プロローグ

こんにちは、志摩です。毎日、暑いですね、
 
加計問題にからめて。
 
志摩の敬愛する小説家の一人に、安岡章太郎(1920~2013)がいます。
安岡は高知県生まれで、父親は陸軍の獣医(少将)でした。
子供の頃は父親の仕事の都合で青森に行っていますが、ほとんど東京で育っています。
中学は当時の東京市立一中(戦後は都立九段高校・現在は校名が変わっているかも知
れません)を卒業しています。
それから3年も浪人をして慶応大学にすべり込みます。
『おれは劣等生で、脊椎カリエス持ちで軍隊も除隊になるし、どうしようもない落第
生だった』などと自虐的に言っていますが、作家としては大成し名作をいくつも残し
ています。
 
安岡の随筆にあります。
友人に父親の職業を聞かれて、『軍人だよ』と主人公はこたえます。
で、さらに、『軍人と言っても、色々あるけど』と聞かれて主人公は口ごもります。
子供ですから、獣医の重要性なんぞはわからない。反対に妙な劣等感だけは持ってい
る。
で、正直に、『獣医だよ』と答えられない。そういうシーンがあります。
親の職業をなんとはなしに恥じる。そんな心象、子供の頃は無知ゆえに持つものです。

この父親は敗戦後、軍隊が解散したので当然失職します。
で、中国大陸から帰ってくるなり、生活のために鶏やウサギを飼って、なんとか生活
費を稼ごうとしますが、ことごとく失敗、一家は貧窮の底に追い込まれます。
そうした生活の中、次第に精神の均衡を失って行く母親の姿を中心に敗戦後の一家族
の姿を描いた作品が、『海辺(かいへん)の光景』です。
これは、戦後文学のベストテンに入ると言われている名作で、現在読んでも、ちっと
も色褪せていない。母親の病気は、現在なら、認知症でしょうね。
当時はそんな言葉はなかったので、作品中に出てきませんが。
 
しかしその前に、安岡が若い頃に書いた『質屋の女房』(短編集・新潮文庫)という
作品がお薦めです。
質屋の女房と堕落学生である『ぼく』との奇妙でおかしい交流を描いた小説で、くす
っと笑えますよ。
同短編集にはデビュー作の『ガラスの靴』(青春恋愛小説)も収められていて、これ
を読めば安岡が好きになりますよ、きっと。
安岡は狐里庵(コリアン)と名乗っていた遠藤周作の親友で、晩年、遠藤のすすめで
クリスチャンになりました。
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

2.dbNET会員企業紹介   ~丸一鋼管株式会社~

このコーナーでは、dbNET会員企業を順次紹介しております。
企業概要、事業内容は各社のホームページより抜粋しております。
是非一度アクセスしてみてください。

======================================

丸一鋼管株式会社(本社:大阪市西区)は、創業以来、「すぐれた製品を供給し、
お客様の信頼に応えることにより、社会に貢献する」ことを使命とし、「鋼管ひとす
じに」製品づくりに取り組んでまいりました。
「需要地生産体制」「自主独立経営」「健全な財務体質」などの相乗効果により、
全てのステークホルダーの方から優良企業と評価される企業集団に成長し、グローバル
にビジネスを展開しております。

近年、急速なグローバル化の進展により、私たち鋼管業界も大きな影響を受けています。
さまざまな変化を大きなチャンスと受け止め、業界のリーディングカンパニーとして、
力強い存在感を示し続けてまいります。そのために、「国内事業の更なる効率化を進め、
事業基盤を深める」ことに加え、「海外事業の充実と拡大により、海外での収益力を強
化する」ことに重点を置き、取り組んでおります。

国内市場は、厳しい競争の世界にあります。そのような厳しい環境の中でも、秀でた競
争力を堅持し、真の少数精鋭を実現することにより、国内の生産・販売体制を一段と強
化してまいります。
 一方で、成長が見込まれる海外のマーケットでは、需要地生産というコンセプトの下、
更なる事業展開を図り、収益力を強化して国内同様の販売網を構築してまいります。
私たち丸一鋼管グループは、今後とも国内外での鋼管トップ企業としての地位を不動の
ものとすることを目指し、一層の努力を重ねてまいる所存です。

事業概要
一般構造用鋼管、建築構造用鋼管、機械構造用鋼管、農芸用鋼管、配管用鋼管、
電線管および電線管附属品
テーパーポールおよび加工品
表面処理品
 等の製造販売


  http://www.maruichikokan.co.jp/
 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

3.ジェームス・ホントのささやき ~~『福沢諭吉について』~~ (7)
                      『学問のすゝめ』より

======================================

『国の文明は上政府より起こるべからず、下小民より生ずるべからず、必ずその中間
より興りて衆庶の向う所を示し、政府とならび立ちて始めて成功を期すべきなり。 
西洋諸国の史類を案ずるに、商売工業の道、一として政府の創造せしものなし。
その本は皆中等の地位にある学者の心匠に成りしもののみ。
蒸気機関はワットの発明なり、鉄道はスティーブンスンの工夫なり。
始めて経済の定則を論じ、商売の法を一変したるはアダムスミスの功なり。
この諸大家はいわゆる『ミッズルクラス』(ミドルクラス)なる者にて、国の執政に
非ず』
 
要するに、イギリスの発展の基はすべて民間より生じている。
政府が作ったものなどは何もない。
それもミドルクラスと言われれる人々が努力して、構築したものだ。
だから、『政府の義務は、ただその事を妨げずして適宜に行われしめ、人心の向かう
所を察してこれを保護するのみ』となります。

よく小さな政府、大きな政府と言います。
いろんな解釈が可能ですが、一般的には、民間に出来ることは民間に任せろ、政府は
あまり口出しするな、問題が起きたら、政府が介入して管理、対処すればよい。
小さな政府として最も成功しているのはアメリカでは。
だからあんな大国になったのです。
新大統領閣下、あんまり、あちこちにクチバシを入れるのは控えてください。

(文藝評論家の小林秀雄は昭和26年、次のように述べています。
『政治は、私達の衣食住の管理や合理化に関する実務と技術との道に立ち還るべきだと
思います』)

それでも、巨大企業の経営が危殆に瀕した時は、その保護のために適宜国家が介入して
きます。良き管理者・推進者としての政府の存在が必要とされる所以ですね。
またここで重要なことは、ミドルクラスの存在です。
現代は、経済格差が広がって、中間層がどんどん減って行く、と言われる社会です。
 
上でもなく下でもない、中間層の充実こそが、文明を発展させ、国家を強くする。
我が国の産業界の発展は、そういう意味では、福沢の希望通りに進んだのではないでし
ょうか?
日本の巨大企業、たとえばソニーでも松下でもトヨタでもホンダでも、みな民間企業で
す。鉄道もタバコも郵便も、民営になりました。株の大半は国が持っているにしても。
 
鉄道は、かつては『国鉄』と言いましたが、明治の創業時は民営でした。
その後、鉄道会社を保有する地方の実業家の猛烈な反対に遭いながら、明治の末年に国
有化され、鉄道院、鉄道省と発展しました。
(年少の頃、古い小説を読んでいると院線、省線と出てくるので、知識のない愚生はな
んのことかわからず首をひねったものです。鉄道のことだったんですね)
国有化されたのは盛岡・南部藩出身の原敬(はら・たかし)が内務大臣の時です。
それがまた、昭和になって元の民営に戻ったわけですね。
 
脱線ついでに記すと、アサノ・セメントは官営工場の払い下げでスタートした会社です
が、最も古い民営のセメント会社は旧小野田セメントです。
創業者は、長州藩士の笠井順八です。
アサノ、小野田、秩父の三社は合併し、現在も太平洋セメントとして立派に操業を続け
ています。
 
ウロおぼえなのですが、もう40、50年ほど前でしょうか?
ホンダがオートバイ一本やりから、乗用車の製造に着手しようとした時、当時の通産省
から待ったがかかったことがありました。
有名な事務次官がいました。
で、通産省から出てきた本田綜一郎は、状況はどうでしょうか、と新聞記者にきかれて、
次のように答えました。
『時間(次官)の問題だな』

国は禁煙運動に精励していますが、愚生が残念に思うのは、ライターやパイプやキセ
ルが、へたすると消えてしまうのでは、という思いです。キセルはもう死に体か?
タバコが世界中に普及するようになってから、どれほどの数の職人、匠が、それらを
営々と作ってきたのでしょうか?
押し寄せる『禁煙』と共に、そうした技術も消えてしまうのか?
ジッポのライターは芸術品です、パイプもしかり。名品がたくさんあります。
実にモッタイナイと思います。細々と継承されると思いますが。
分煙の良き方法、あるといいですね。

福沢は煙草は途中でやめていますが、大酒は終生変わらなかったようです。 
まさか、かつてのアメリカのように、日本政府は禁酒法を作ったりしないでしょうね。
ヒトラーは 酒もタバコもやらない健康志向の人間でした。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

4.dbNETファミリーへのリンク

======================================

☆リアリムプロジェクト   http://www.realim.jp/
  ・写真をもとに外壁や内装などCGパースシミュレーション

☆リフォナビ   http://www.refonavi.com/
  ・住宅、マンションリフォーム会社総合情報サイト

☆ユ二クル    http://www.dbnet.gr.jp/unicl/
  ・マンション改修のためのコストシミュレーションソフト

☆住彩    http://www.jusai.jp/
  ・CGパース「未来写真」の事ならお任せください

☆クローバー総合サービス㈱ http://cloverts.jp
  ・25年の実績を持つCAD集団、BIMのご相談、耐震改修に対応


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

5.エピローグ

四国の土佐、高知県と言えば、誰もが坂本龍馬を思い浮かべるでしょうが、幕末から
明治、大正、昭和と逸材をビックリするほど輩出しています。
政治家では後藤象ニ郎、板垣退助、実業家では三菱の岩崎弥太郎。
思想家ではフランスのルソーの思想を翻訳、紹介した中江兆民。
明治帝国憲法発布前に、その試案を逸早く作った植木枝盛。
そうそう吉田茂の父親の竹内綱もそうでした。
さらに兆民の弟子のジャーナリストの幸徳秋水。
天皇謀殺を企んだという『大逆罪』で絞首刑となりました。
明治44年でした。
大逆事件と言われました。現在では捏造、冤罪と言われています。怖い時代でした。
昭和では、首相になった浜口雄幸。このひとはテロに遭って、その後亡くなりました。

モノの本によると、告別式というのは、師匠の中江兆民が亡くなった時、通夜だけで
は淋しいということで、弟子の幸徳秋水が考案したものとか。
現在では、通夜に続いて必ず告別式が執り行われますが、意外と最近の風習なんです
ね。
あるひとが急死した場合、遠方のひとはすぐには駆けつけられない。
しかし、日を置いて告別式があれば、なんとかそれには参列できる。
そういう意味では、良い風習ですね。
 
漱石の『我輩は猫である』に登場する理学者の水島寒月、このモデルは、物理学者の
寺田寅彦だと言われています。
このひとも土佐の出身で、『天災は忘れた頃にやって来る』の名言を残した学者ですね。
豪雨や地震に見舞われるたびに、この言葉を思い起こしますが、どうも、こう頻繁に天
変地異が続くと、寺田博士には申しわけないのですが、忘れる暇がないですね。
政府、行政のひと、頑張って下さい。
そして我ら庶民は、共助の精神を発揮しましょう。
 
政府に『天災的な人間』が登場したら、ノーと明言しましょう。
ええ? 某国の大統領と某半島の『エリンギ頭の困った三代目』の告別式ですか?
ブラックジョークにしても、少し不謹慎では……
そういうことは思うだけでもイケマセンよ。
………でも、あったら、参列するにやぶさかではありませんが……
 
早稲田実業の清宮君、残念でした。
マスメディアの多くが、『早稲田実業、東海大菅生に敗れる!』と書いていますね。
早実が主になっている。あれは東海大菅生に失礼ですよ。 
『東海大菅生、早実に勝利!』と書くべきですよ!
マスコミの偏向には腹が立つ!

はい、実は、東海大菅生は近隣にある学校なんで。
五日市線という超ローカル電車に乗ると、よく野球部の生徒を見かけます。
ベスト8まで勝ちあがって欲しいですね。
読者諸兄も応援して下さいネ!

======================================
最後までお読みいただきありがとうございました。
メルマガ会員も常時募集しています。(会費は無料)
本メルマガに興味を持たれそうな知合いがいらしたら、是非ご紹介ください。

▼【お問い合わせ、新規ご登録等】
 本件に関してご不明な点がお有りの場合は事務局までお問い合わせください。
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )
 
▼【メール配信停止】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )

▼【配信先メールアドレス・住所・連絡先など登録情報の変更】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  発行:有限責任事業組合C-PES研究会 dbNET事業部 
               http://www.dbnet.gr.jp/
     〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥