建築・土木・設備製品・工法 総合カタログdbNET

〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

『東京遺産―保存から再生・活用へ―』

『東京遺産―保存から再生・活用へ―』 森まゆみ著 岩波新書

2020年、東京でオリ・パラリンピックが予定されています。小さな問題がポロポロ出ていますが、いずれも、解決が容易に予想される規模なので、関係者の尽力に期待して、要らぬ憂慮は控えます。
東京で開催される一大イベントであるから、これを機に、東京にある歴史的建造物、および文化的建造物と称される建物が、いかに保存され、あるいは、保存の努力、運動にもかかわらず、消滅してしまったのか、あらてめて考えてみたいと思い、本書を手にしてみました。
海外から来られる方は、もちろん、超近代的なものに賛嘆しますが、しかし、より賛嘆するのは、実は、伝統的なもの対してなんですよね。
なぜなら、そこにこそ、その国の文化、伝統の真髄および美を見いだすからです。
『うちの国と大して変わらないな』では、来た甲斐がないというものです。

本書は①名建築を残したい②原風景と都市景観③さまざまな物語を背負って④暮らしの中にいきづく建物、より構成されています。
東京にある『古くて素晴らしい建物』は多数ありますが、著者はまず上野にある東京芸術大学の奏楽堂をあげ、ついで東京駅をとりあげます。
新装なった東京駅については、すでに大量の書物が出版され、あの素晴らしい景観のファンは多数いると思われます。
しかし、あと一歩で、解体という『憂き目』から、まさに、不死鳥のように蘇った経緯については、あまり知られていないかも知れません。
かく言う筆者も、大女優の高峰三枝子、作曲家の黛敏郎などが、東京駅の保存のために尽力、あるいは努力したことについては、新聞程度の知識しかなくほとんど無知で ありました。

おさらいすると、東京駅は、明治41年に工事着工、大正3年に竣工、設計は当時の建築界の第一人者、辰野金吾です。
現在でも、その光芒が色褪せていない著名な建築家で、辰野の手になる建築物は現在でも各所にあります。
その東京駅は、いかにして保存され、さらに復元されたのか?
日本建築学会、JR、東京都、多種多様な個人、組織、団体が結集して、東京駅は生き延びました。
『残したい建物』があり、しかし、これを解体すべしとの意見がある時、いかにしたらそれを阻止できるのか、東京駅の成功例が参考になると思われます。

2020年のオリ・パラリンピック開催に向けて、これからも、『あそこは古いから撤去して、新しいものに作りかえよう』、『いや、あれは貴重な文化財だから、そう簡単に壊されては困る』といった対立が生じるかも知れません。
その意味で、歴史的な建物を保存することの意義あるいは逆に、それに固執して期待にそぐわぬ結果に直面した時の虚しさも記述されており、事の難しさについて考えさせられる好個の一冊です。
詩人のサトウ・ハチロー邸は、保存に失敗という苦い体験も記されており、これは東京に限らず、今後、日本のあちこちで起こりうる問題です。
保存か解体か移築か?
読者諸兄が住む街に、『残したい建物』はありますか?
つまるところ、経済的合理性を優先させずに、街と建物への愛情を優先させる。
換言すれば、文化に対する愛情の強度、それを作ったひとに対する畏敬の念の強さ、そこにかかっているようです。