建築・土木・設備製品・工法 総合カタログdbNET

〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

『構造物のよもやま話~トイレについて(2)』 dbNETニュース【VOL.18】


++++++++++++++++++++++++++++++++++ +
   ☆★☆   dbNET   Weekly ニュース    ☆★☆
                          【VOL.18 2013年10月22日 】
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++

……………………………………………………………………………………………
このメールはdbNETファミリーのユーザーとして登録されているお客様と
セミナーにご参加いただいた方に送信しております。
      Webサイト ◇http://www.dbnet.gr.jp
      Facebook  ◇http://www.facebook.com/dbnetgrjp
      Twitter  ◇http://twitter.com/dbNET12

……………………………………………………………………………………………
■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■   今週のもくじ
■  1. 会社訪問 (株)アップルゲート ジャパン 
■  2. 旬のアイテム【省エネ・防水・安心・安全】  
■ 3. 秋のキャンペーン
■  4. J.Hのささやき『構造物のよもやま話~トイレについて(2))』
■  5. dbNET会員募集
■ 6. dbNETファミリーへのリンク
■ 7.  編集後記
■ 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
こんにちは、志摩です。
 
懸念されていたアメリカのデフォルテ(債務不履行)がぎりぎりのところで回
避されました。しかしまだまだ油断は出来ない状態とか、少し心配です。
与党と野党の対立、確執の遠因は、あるひとに言わせると、医療保険の問題に
あるそうです。日本では国民皆保険は当然と受け止められていますが、どうも
アメリカでは、事情はだいぶ違うようです。
つまり、野党の中には、いやアメリカ人の中には、『小さな政府』という理想
とされる観念があって、その見地に立てば、オバマ大統領の『オバマ・ケア』
は、それに反するとんでもない措置に映るようです。国家が、個人の生活に関
与しすぎるのはよろしくない、とまあそんなところですかね。
ですからオバマ大統領に対して根深い不信感があって、それが野党に頑なな態
度を取らせた、という判断でしたが。
志摩には、むづかしくてよくわかりません。
いくら発砲事件があっても、憲法を盾に『銃狩り』ができない国家……何より
も個人の自由を尊重し、国家の容喙を許さない堅固な態度……国家は小さけれ
ば小さいほど好ましい。つまりは、公権力、国家の権力のことですが。
いや、むづかしい。 
 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  1.会社訪問(4) (株)アップルゲート ジャパン
           ~アメリカでNo1の断熱材~

===================================

 (株)アップルゲート ジャパン(神奈川県茅ヶ崎市 峯村幹夫社長)は、
アメリカで高い評価を得たセルロース断熱材の普及に努めている会社だ。
住まいにシビアな目を持つアメリカで、品質、実績ともにトップの地位を占め
るセルロース断熱とはいかなるものか?
『断熱を選ぶことは、快適さを選ぶことです。何十年も住む家だから、建てる
前にじっくり考えてください』という呼びかけを、同社は広く行っている。
さて、セルロース断熱とは、パルプを原料とする紙製品を再利用して作られた、
細かな紙片状の断熱材を、専用の装置を使って壁の中や、屋根裏などに施工す
るものだ。断熱材には様々な種類があるが、性能、健康、環境など総合的な面
でセルロース断熱は理想と言われており、アメリカでは最も普及度の高い断熱
材だ。
それだけに競合他社も多いが、ミシガン州に本社を持つアップルゲート・イン
シュレーション社の同材は、群を抜く商品として普及している。
アップルゲート ジャパンは、その普及に努めている日本法人だ。
『当社が認定した施工技術士は、高い知識と技術を備えた専門家として認めら
れており、お客様に快適で優しい暮らしを必ずやお届けします』と同社。
 
       <アップルゲート セルロース断熱の特徴>

(1)高い断熱性能(断熱の役割は、住宅の温度変化をできる限り小さくするこ
   とだが、セルロース断熱は、伝導、対流、輻射による熱の移動を効果的に
   阻止する)
(2)優れた防火性能(アップルゲート セルロースは、独自の耐火加工と高密
   度施工で、燃えにくい断熱層を形成する)
(3)優れた防音性能(吸音性の良いセルロースを吹付け工法によって、隙間な
   く施工することで、非常に優れた防音性能を発揮する)
(4)結露防止(結露やカビを抑え、家を長持ちさせる。木の繊維であるセルロ
   ースには湿気を吸放出せる性質があり、アップルゲート セルロース断熱
   は高密度かつ隙間なく充填するため、湿気の流動を抑制し、結露を防止す
   る)
(5)健康建材(日米両国で実証された、ひとに優しい建材)
(6)エコ建材 (省エネルギー、リサイクル、製造エネルギー、CO2、いず
   れの面において、地球環境に十分な配慮がなされている)
 なお、同断熱は省エネルギーと環境保護に寄与するとして、米国環境保護局の
エネルギー・トップの承認を得ている。
 
       <住まいを優しく守る特別な秘密>

(1)建物には、建築上、避けられない空間(配線、配管のまわりなど)ができ
   るが、それらの小さな隙間にも断熱材を充填しないと、断熱材が持ってい
   る本来の性能を百%発揮することはできない。アップルゲート セルロー
   ス断熱は、セルロース断熱材を霧状の水の中を通過させ、風圧をかけて壁
   にき付ける『ウヲール・スプレー』工法を採用。
   これにより、小さな隙間や手の届かない小さな空間もしっかりと充填。
   また、日本の住宅の建築現場の環境や事情に合わせ、同社では日本独自の
   セルロース断熱吹付け機械システムを開発している。  
(2)材料には、アメリカの新聞紙を使用。完全な形状のセルロースをたっぷり
   含んだ断熱材に風圧をかけながら霧の中を通過させることにより、セルロ
   ースがたがいにからみあい、接着剤が活性化される。吹付け後は自然乾燥
   によって断熱層がしっかり固定される。
(3)いかに優れたセルロース断熱材でも、堅実な施工がともなっていなければ、
   断熱効果は発揮されない。米国アップルゲート・インシュレーション社、
   およびアップルゲート ジャパンは、正規の施工訓練を受け、断熱に関す
   る広範な知識を習得した技術士のみに施工を許可し、施工品質を確実にし
   ている。
 『素材、施工の両面において、最高の断熱材を提供することによって、日本の
住まいに 大きな貢献ができると自負しておりますので、お声をかけてください』
と同社。     詳細は http:www.applegate.co.jp


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 
 
 2.Exciting Information  ☆旬のアイテム【省エネ・防水・安心・安全】

 ― 登録商品で写真が掲載されているもののみ選択表示しております ―

(なお当事務局では、このコーナーをより充実したものにすべく、ユーザー各位
の積極的な参加を募っております。奮ってご参加下さるようお願い申しあげます)

====================================

(1)(株)ホトロン  
  製品名 :天井取付型スーパーセンサー(ドアウェイ監視タイプ)
  小項目 :監視センサー
  製品概要:業界で初めてドアウェイ監視機能を搭載した天井埋込み型センサー
       確実な広範囲の検出を実現し、安全力が更に向上。
       http://www.dbnet.gr.jp/none/shop.php?id=B2633044

(2)(株)ダイケン  
  製品名 :アンダーハッチ
  小項目 :床下点検扉
  製品概要:4点ボルト固定と外枠パッキンゴムによる防水・防臭タイプ
       http://www.dbnet.gr.jp/none/shop.php?id=B1368113

(3) 三基ルーバ(株) 
  製品名 :サンキルーバ
  小項目 :防水ガラリ
  製品概要:優れた防水性と通気性を持つタテ型防水ガラリ
       http://www.dbnet.gr.jp/none/shop.php?id=B0705001 

(4)(株)エー・ビー・シー商会
  製品名 :カラートップSR
  小項目 :ウレタン樹脂系防水・耐久仕上材
  製品概要:防水性と耐久性の両方を兼ね備えた駐車場床に最適な複合塗膜
       防水材
       http://www.dbnet.gr.jp/none/shop.php?id=B0239055 
  

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  3.秋のキャンペーン  ♪貴社の商品を本メールマガジンで紹介します♪

====================================
    
  掲載期間 10月~12月
  貴社の商品を本メールマガジン上で紹介し、dbNETのホームページに掲載
  いたします。費用は無料ですので奮ってご参加下さい。
  詳細は以下のとおりです。

1 貴社が広く普及させたいと思う商品のカタログかパンフレットを2部ご送付
  下さい。
2 それをベースに、当事務局で紹介記事を作成します。
3 作成した記事原稿を貴社にお送りし、担当者にご覧頂きます。
  適切でない箇所は手を加えて、修正して頂きます。修正原稿はお手数ですが、
  FAXかメールでご返送下さい。その際は担当者のお名前を明記して下さい。
  修正がない場合はメールか電話でその旨、お知らせ下さい。
4 当事務局で修正点を確認したのち、完全稿をメールマガジンに掲載いたします。
  商品紹介は1点か2点とし、記事原稿は1200字から1500字以内といた
  します。写真および図は、2点以内とし、商品写真と施工写真がベターです。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

4.J・H のささやき VOL.18 『構造物のよもやま話~トイレについて(2)』

====================================
 
こんにちは、ジェームス・ホントです
            
前回、谷崎潤一郎の『武州公秘話』について触れましたが、『少将滋幹の母』と
混同していました。しかし、折角ですから、『武州公秘話』にも厠の話が出てく
るので、簡単にご紹介します。
『武州公秘話』は、16世紀の半ば頃を舞台にした小説で、主人公の河内山輝勝
という武将が、桔梗の方という人妻に恋をして、地下に掘られた長い坑道を通っ
て、その女の厠の下に忍び込む場面が出てきます。
 おれはなんでこんな所を歩いているんだ、情けないと思いながら、男は歩き続
けます。そこがなんともおかしいところです。
 当時の上臈(じょうろう。高貴な女性)の排泄物は、遥か下の穴に汚物を落と
していました。そしてその穴がある程度溜まると、上から土をかぶせて一切見え
ないような作りになっていたようです。
 その段で、作者は、中国の厠の話をしています。
 中国の貴族は、壷の中に、なんと蛾の羽根を何百枚と敷きつめて、そこに汚物
を落としていたとか。蛾の羽根を集めるだけで相当な労力を要します。まことに、
かの国では信じられないことがあります。
 さて、もう一方の小説の『少将滋幹の母』は、平安時代が背景になっています。
もちろん、小説ですから、虚実織り交ぜた世界が描かれています。
 
        『かぐわしい汚物?』

 平中(へいちゅう・本名は平定文。恒武天皇の子孫と言われる)という美男で好
色な主人公が、ある女性(にょしょう)に恋をします。
 平中はその女性のことを断念するために、途方もない、異常なことを思いつき
ます。どんな綺麗な女でも、排泄物は汚くて臭いに決まっている。それを見れば、
あきらめもつくだろう。そこで平中は、排泄物の入った小さな箱を召使の女から
強奪します。そして、それをながめまわして、においをかぎますが、どうも臭く
ない。ハテ、これはいかなることかと不思議に思い、平中は、ついにはその汁を
すすります。
 ところが驚くなかれ、香しい丁子(ちょうじ)の匂いがします。
 さらに黄色い固形物は、植物を煮たものでした!
 ここでようやく、平中は、その女性が、こんなこともあらんと、あらかじめ予
想して謀略をめぐらせていたことに気づきます。
 つまり汚物にそっくりの物をあらかじめ箱に納めておいたのです。
 ところが平中は、女性の才智と機知に舌をまき、なお一層、恋こがれてしまい
ます。バカバカしい話ですが、身もだえするような恋愛感情にとりつかれた人間
の、ある深い部分を表現していると思います。
 東京の三鷹で女子高校生が刺殺されという痛ましい事件が起きましたが、恋愛
は人間を狂気にもいざなう恐ろしい情動です。いや、話がそれました。
 
        『究極のトイレ』
  
 
 さて、トイレおよび個室としてのトイレ空間は、将来どうなるのでしょうか?
 寿命が異常に伸びた現在、老人施設が増え、介護を必要とする老人は急増して
います。明日は我が身。だれもが同じ道を歩むでしょう。 
 身動きが出来なくなって、排泄行為で恥や屈辱を感じるのは辛いものです。
 そうした感情を持たずに、のびのびと排泄したいものです。同時に、介護担当
者がなんの痛痒も感じずに処理できるもの。
 たとえば、寝た切りでも、容易に排泄できるもの。ベッドのお尻の部分が自動
的に左右に割れて、臭いもなく、綺麗に洗浄してくれるもの、そんな究極のトイ
レが欲しいですね。ベッドとトイレが一体化したロボットですね。
  名称は……トイベッド、なんていかがでしょうか?
 トイはTOYでオモチャに通じるし、いかにも簡単操作、といった感じがする
のですが。どなたかこの名称、使いませんか、もちろん、無償でご提供します。

 また、公衆トイレについては何も言及しませんでしたが、公衆トイレを見れば
その国の民度がわかると言いますから、綺麗に使いたいものです。
 次に使用するひとが、快適に使用できるように、配慮する。
 見ず知らずの他者のために配慮する。そうありたいものです。
 最後に面白い漢語をご紹介します。

        『牛溲馬勃』

 『牛溲馬勃(ぎゅうそうばぼつ)、敗鼓(はいこ)の皮』という言葉です。
 牛の小便に馬の糞、破れた太鼓の皮のことで、なんにもならない無用、無駄な
もののことですが、ここから面白い意味が生じてきます。
 一見すると、つまらないものに思えても、いつなんどき、有用なものに転化す
るかわからないから、粗末にするな、という教訓めいた意味が出てきます。
 実際、インドなどでは、牛の糞は燃料になったり、煉瓦になったりと活躍の場
があるらしいではありませんか。これは人間にもあてはまるのでは? 

 最新のトイレがお有りでしたら、dbNETでご紹介しますので、是非とも情
報をお寄せください。詳細は3.秋のキャンペーンをご覧ください。
 次回はお風呂、バスについてです。乞うご期待。
 というのが今回の結論でGOZAIMASHITA!

※注 前回、トイレについて(1)の文中、「シャワートイレ」という名称を
   使いましたが、これはLIXIL社の商標登録名です。一般的な名称としては、
   「温水洗浄便座」です。なお、「シャワートイレ」と同様に、すっかり
   定着した名称には「ウォシュレット」(TOTO社の商標登録名)があります。  
                           
                         
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

5.dbNETの会員様を募集中しております!

====================================
  
 dbNETファミリーはユーザー数を増やすことを目指しております。
 dbNETファミリーの皆様にはweeklyニュース(メルマガ)を配信させて頂いて
 おります。
 * 現在5000件の皆様へ配信中、未登録の方は、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 にご連絡下さい。
  希望者には配信致します。                                                        

  「サービス内容」は、http/www.dbnet.gr.jp


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

6.dbNETファミリーへのリンク

====================================

  ☆リアリムプロジェクト   http://www.realim.jp/
         ・写真をもとに外壁や内装などCGパースシミュレーション

  ☆リフォナビ   http://www.refonavi.com/
         ・住宅、マンションリフォーム会社総合情報サイト

  ☆ユ二クル    http://www.dbnet.gr.jp/unicl/
     ・マンション改修のためのコストシミュレーションソフト

  ☆ケンサン    http://www.refonavi.co.jp/
        ・建築・設計・設備業界情報満載!!建築検索エンジン

  ☆クローバー総合サービス㈱ http://cloverts.jp
         ・25年の実績を持つCAD集団、BIMのご相談、耐震改修に対応

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  7.編集後記

====================================

 アメリカと言えば、ケネディ元大統領の長女のキャロラインさんが、駐日大使
に決まって、いよいよ来月の半ば頃に赴任する予定です。初の女性駐日大使だそ
うですが、さて、政治の面ではシロウトらしく、どんな活動、行動を見せてくれ
るのか。海外では、キャロラインさんが取持役になって、仲の冷え込んだ中国と
日本の関係を改善してくれるのでは、といった見方もあるようです。
 ケネディ大統領は就任当初から日本でも大人気で、暗殺されてからも、その人
気は衰えていません。もっとも、若いひとはほとんど知らないかも知れませんが。
 ケネディ大統領は、黒人のキング牧師の『公民権運動』に深い理解を示してい
ましたが、それは自身が、差別されてきたアイルランド人の血を引くからだとも
言われています。
 ひとの痛みを知る、そういうひとだったのでしょうね。
 さて、もうじき11月です。立冬が近づいています。
 風邪にはくれぐれもご用心あそばせ。
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++