建築・土木・設備製品・工法 総合カタログdbNET

〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

dbNETメールマガジン【VOL.135】

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

   ☆★☆   dbNET   Weekly ニュース    ☆★☆

                            【VOL.135  2018年 9月 6日】

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

…………………………………………………………………………………………………

このメールはdbNETファミリーのユーザー登録時にメールアドレスをご記入いた

だいたお客様に送信しております

    Webサイト ◇http://www.dbnet.gr.jp

    Facebook  ◇http://www.facebook.com/dbnetgrjp

    Twitter  ◇http://twitter.com/dbNET12

 

…………………………………………………………………………………………………

 

■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■■   今週のもくじ

■ 1. プロローグ

■ 2. dbNET会員紹介  ~クマリフト株式会社~

■ 3. セミナー・展示会のご案内 

■ 4. dbNETファミリーへのリンク

■ 5. エピローグ

■       

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 台風21号で被災された皆様には、心よりお見舞申し上げます。

 

1.プロローグ

 

こんにちは、志摩です。

 

北海道発のニュースで、サンマが豊漁とか。

子供の頃は、七輪で焼いて食ったものです。

サンマの刺身をはじめて食ったのは、宮城県の女川でした。

うまいなあ、というあの時の驚きは、いまでも覚えています。

 

ラジオで知ったのですが、イギリスとフランスの漁師が、ホタテをめぐって、洋上

で諍いを始めたようです。漁をめぐる争いは大昔からあり、双方が、正当性を主張

して、下手すると戦争にまで発展します。

16世紀には、イギリスとオランダが、ニシンをめぐって戦争しています。

やれやれ、争いの種は尽きない。

 

高校野球、面白かったですね。

秋田の金足農業を応援していたのですが、残念でした。

相手は、全国から選手を集めているチーム、金足農は『秋田勢のみ』ですから、や

はりかなわない。

吉田投手、力投でした。

志摩は、以前も書きましたが、母方のご先祖が秋田県(明治維新までは佐竹藩)な

ので、ずっと同校を応援していました。

 

秋田は実に地味な県で、有名人はあまり出ていません。

食い物では、米のアキタコマチ、それと美酒も多い。

高清水、爛漫、太平山、新政、等々。

あと……キリタンポとハタハタぐらいかな?

ハタハタは魚偏に雷と書く国字で、雷鳴がとどろく時期になるとやってくるので、

こう書くそうです。

 

野球では阪急の山田、ロッテの落合、近鉄の石井、ヤクルトの現役投手の石川。

実業家では、東洋経済新報社(創業者は町田忠治、その後政治家に転身)、

それに出版社の新潮社(創業者は佐藤某)、あと、喉薬の龍角散、これは佐竹藩の

御典医が考案しました。

いずれも地味な産業で、巨大産業の創業者は出ていない。

(TDKが秋田だったか?)

俳優では三船敏郎。

ですから、もっと秋田が有名になったらいいなとの思いで、応援していました。

住宅には、秋田杉を使いましょう!

 

話は変わりますが、現在は、代行の時代ですね。

(大阪桐蔭も、大阪出身の選手の代わりに、他県の選手で構成されています)

 

婚活の代行会社があるそうなので、つくづくとそう思った次第です。

よっぱらいの代わりに車を運転する代行はいつ生まれたのか?

講義にでないで、友人に代わりに返事してもらう代返。

恋文(ラブレター)の代筆、これらは昔からある。

ゴースト・ライターも同じ。

ミュージカル映画の口パクもあったなあ。

 

現代では、代理出産なんてのもあって、倫理的にどうなのかと頭をひねる。

なんでもかんでも、己れではせずに、ほかのひとに、代わりにやってもらう。

あるいはほかのモノにやってもらう。

 

鋸、これを手で操作していたら疲れるので、電動鋸ができる。

考えてみると、人間が作ったものは、ほとんどすべて、人間のからだの延長、つま

り、代行なんですね。

お掃除ロボットのルンバは、その代表でしょうか。

いや、洗濯機も自動食器洗浄機もそうですね。

文明の発達は、『代行』の拡張と言えるようです。

紙幣は金、銀の代わりで、カードは紙幣の代わり。

次に生まれる『X』はカードの代わり。

『根源』から無限に遠のいて行く。つまり疎外。

(女房の代わり、ダンナの代わり、これはいけませんヨ。

<フランスの国技は離婚だ>という言葉がありますが、真似することはない)

  

遠い昔、印刷術がない時代、ひとはみな文字を筆写していた。

ところが、印刷という技術が発明されて、筆写業という仕事がなくなった。

文明の利器がなんでもかんでも『代行』してくれたら、さて、人間はどうなるのか?

車の自動運転、人間の代わりにAIが運転してくれる。なんだか怖いなあ。

空飛ぶ車、もっと怖い!

落ちてきたら逃げようがないんで、いつも『上を向いて歩こう』になってしまう。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

2.dbNET会員企業紹介   ~クマリフト株式会社~

 

このコーナーでは、dbNET会員企業を順次紹介しております。

企業概要、事業内容は各社のホームページより抜粋しております。

是非一度アクセスしてみてください。

 

======================================

 

クマリフト株式会社(本社:大阪市西区)は、総業以来50年以上が経ちました。

おこりはダムウェーターを手掛け、規格化したところから全国に広がりました。

その後、昇降機技術を高め、大型のエレベーターを手掛けて家庭向けに進出、

ホームエレベーターや階段昇降機などにも事業を拡大しました。

 

クマリフトはものづくりの視点として、使う人の目線に立って考えます。

クマリフトのダムウェーターにはカメラで他階を見るという機能があります。

ダムウェーターは荷物を運ぶ昇降機です。荷物が運べればよいというだけなら

カメラをつけるという発想はありませんでした。

 

これまでのダムウェーターでは、さまざまな業種のお客様にお使いいただく中で、

「送り先に人がいないのに呼び出していることがある」「送った荷物が取り出され

ないことがある」といった声がありました。

そこでクマリフトでは、「カメラをつけて相手が見えれば解決できないだろうか」

と考え、新たにカメラ機能を搭載しました。いまでは他階の様子が見えることで

コミュニケーションがスムーズになり、便利に使っていただいています。

 

これからも「お客様目線のものづくり」を大切にし、培ってきた技術によりお客様

の期待に応えられるよう、全社員一丸となって取り組んでまいります。

 

事業概要

 エレベーター、ダムウェーター、搬送機、福祉機器など昇降機の製造・販売・据付

 ・保守

 

    http://www.kumalift.co.jp/

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

3.セミナー・展示会のご案内 

     

======================================

 

        【関西】総務・人事・経理ワールド2018内

    

    ◆  第3回【関西】働き方改革EXPO  ◆

      https://www.ws-expo.jp/visit_k/

 

 会  期 :2018年11月7日(水)~9日(金)

 会  場 :インテックス大阪

 主  催 :リード エグジビション ジャパン(株)

 

>>> 招待券のご請求はこちら https://www.ws-expo.jp/inv_kansai/

 

     ※お1人様につき招待券1枚必要。

      招待券をお持ちでない場合、入場料¥5,000/人

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌──────┐

│  出展製品  │

└──────┘

  ・テレワーク支援     ・会議ソリューション 

  ・ワークプレイス構築  ・RPAツール 

  ・ペーパーレス     ・ビジネスチャット    など

 

┌──────┐

│セミナー情報│ 全30講演を開催! 最新のテーマで講演!

└──────┘

   ●テレワーク  ●AI・RPA(業務自動化)   ●組織活性化

  ●生産性向上   ●長時間労働是正      ●人材育成・採用

  ●オフィス戦略  ●ピープルアナリティクス ●ダイバーシティ …など

 

     各種セミナーの詳細・お申込みはこちらから

      >>> https://www.ws-expo.jp/kansai_seminar

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

4.dbNETファミリーへのリンク

 

======================================

 

☆リアリムプロジェクト   http://www.realim.jp/

  ・写真をもとに外壁や内装などCGパースシミュレーション

 

☆リフォナビ   http://www.refonavi.com/

  ・住宅、マンションリフォーム会社総合情報サイト

 

☆ユ二クル    http://www.dbnet.gr.jp/unicl/

  ・マンション改修のためのコストシミュレーションソフト

 

☆住彩    http://www.jusai.jp/

  ・CGパース「未来写真」の事ならお任せください

 

☆クローバー総合サービス㈱ http://cloverts.jp

  ・25年の実績を持つCAD集団、BIMのご相談、耐震改修に対応

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

5.エピローグ

 

善には3種類ある、という考え方があります。

①道徳的善(困っているひとを助けるなどの行為)

②快楽的善(この刺身はうまい、この音楽は耳に快いとか。感覚に訴えてくる快感)

③利用的善(この包丁はよく切れる、などの機能性)

 

①と②の善は、人間の本質から考えて、そう変化も向上もしないでしょう。

道徳的善は、低下しないことを祈ります。

 

さて、③の善ですが、これは、向上、発展の一途をたどるでしょう。

科学の進歩ってやつで、これが、前述したように、『代行』です。

手で肴や野菜を切っていたのではラチがあかない。で、石包丁が生まれ、次いで金属の

包丁が生まれた。

包丁はよく切れなくては失格です。

で、包丁の素材がどんどん高度化して切れ味がよくなる。耐用年数も延びる。

しかし、便利、利便性が高い、合理的である、ということと、人間の『仕合せ』は違う。

重なる部分もありますが、それは一時的な錯覚で、日常化すると、すぐに忘れ去られて

しまう感覚です。

食い物にたとえると、毎日ご馳走を食べていたら、しばらくは仕合せを感じるが、それ

が連続すると、飽きがくる。

たまに食べるから(非日常性)こそ、ご馳走(お祭り)になるんですね。

科学の進歩と『仕合せ』は必ずしもイコールではない、という発見から、文化人類学的

発想が生まれました。

『高貴なる未開人』。いい言葉です。

 

さて、介護の代行をする究極の『介護ロボット』ができたら、どうなるか? 

その享受者は、②と③の善を感じるでしょう。

しかし、何か物足りない。

多分、人間は『生き物のぬくもり』を求めるからです。

ロボットに、それを求めることはできない。

人間そっくりでも、無理です。

なぜなら、それを利用するひとが、『これはロボットで人間ではない』ということを認

識しているからです。

 

ペットを飼うひとはとても多い。増えています。

ネコ派が犬派を越えました。屋内で飼えるし、散歩が不要だから?

ペットは、生きた人間の『モノ言わぬ生きた代行者』なんですね。

家族であり友人であり、恋人でもある?

……面倒臭い人間以上の、生き物?

これは一種の倒錯だが、良き倒錯なんでしょうね。

読者はどう思われますか?

 

ところで、悪党揃いの世界のトップ、誰か良き代行者はいませんかね?

遠慮せずに手をあげてください!

 

残暑のせいで、理路整然としない駄文を書き連ねました。

ご容赦を!

 

 

=======================================

最後までお読みいただきありがとうございました。

メルマガ会員も常時募集しています。(会費は無料)

本メルマガに興味を持たれそうな知合いがいらしたら、是非ご紹介ください。

 

▼【お問い合わせ、新規ご登録等】

 本件に関してご不明な点がお有りの場合は事務局までお問い合わせください。

    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  )

 

▼【メール配信停止】

    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  )

 

▼【配信先メールアドレス・住所・連絡先など登録情報の変更】

    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  )

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

  発行:有限責任事業組合C-PES研究会 dbNET事業部 

               http://www.dbnet.gr.jp/

     〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥