建築・土木・設備製品・工法 総合カタログdbNET

〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

dbNETメールマガジン【VOL.133】

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ☆★☆   dbNET   Weekly ニュース    ☆★☆
                            【VOL.133  2018年 8月 10日】
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

…………………………………………………………………………………………………
このメールはdbNETファミリーのユーザー登録時にメールアドレスをご記入いた
だいたお客様に送信しております
    Webサイト ◇http://www.dbnet.gr.jp
    Facebook  ◇http://www.facebook.com/dbnetgrjp
    Twitter  ◇http://twitter.com/dbNET12

…………………………………………………………………………………………………

■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■   今週のもくじ
■ 1. プロローグ
■ 2. dbNET会員紹介  ~株式会社ダイケン~
■ 3. J・Hのささやき 「福沢諭吉について(17)」
■ 4. dbNETファミリーへのリンク
■ 5. エピローグ
■       
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1.プロローグ

こんにちは、志摩です。
暑いので、脳が温かくなっています。
乱筆乱文の虞れあり。
飽きずにヒヤムギ、ソーメンばかり食べていたら、いつのまにか体重が3キロも減
っていました。このまま行くと、どんどん痩せて、なくなってしまうかも知れませ
ん。で、これはならじと、トンカツを揚げて、食っています。
アメリカ産の豚肉、とても安いですね。

またまた不祥事の連続噴出。
ボクシング界からも出てきました。
その前は文部官僚の不祥事、いずれもうんざりと言うか、アホと言うか。
一番非道いのは、東京医科大学の『女子受験生の足切り』でしょうか。
これは犯罪です。腹が立ち、呆れるばかり。
日本にはまだまだ暗部、恥部が残っているようですが、こうしたことは、『ひとの
世』から、永遠になくならない?
  
早大の教授で文芸評論家でもある渡辺某のハレンチ行為も非道い。
文芸評論家と言えば、なんと言っても小林秀雄ですね。
明治35年生まれで昭和2年に東京帝国大学仏文科を出ています。
若い頃は文芸評論家として健筆をふるっていましたが、その後ゴッホ、モーツアル
ト、本居宣長と批評対象を広げて、前人未到の仕事を成し遂げました。
自分では文芸評論家と定義していましたが、完全な思想家でした。 
亡くなって35年になりますが、現在でも文学界では一際屹立する、徳川家康のよ
うな大御所です。
 
同業には、江藤淳がいます。昭和7年生まれです。雅子妃の遠縁にあたります。
このひとは愛妻を亡くして以降、重い病もあって欝病になり、自裁しました。
高校の同級生には石原慎太郎がいます。

江藤淳は弱冠23歳で評論『夏目漱石』を書いて、文壇を驚嘆させました。
現在も盛んな漱石ブーム、江藤淳が火付け役なんですよ、実は。
30歳の若さで、プリンストン大学で、英語で日本文学を教えていました。
帰国後は、占領化日本におけるGHQの検閲制度の実態を暴き、これまた思想界、
文壇をあっと言わせました。
そのほか、文芸評論家には英文学者でもあった福田恒存など、硬骨漢が多数いまし
たが、渡辺某のようなヤカラは前代未聞、この男、『下賎の者』という印象ですね。
現在の日本には『評論家』が無数にいますが、なぜか、精神の荒廃が露わな貧相な
ご面相の人士が多い。
小林秀雄のように、『他人のフンドシで相撲を取っている』という謙虚さがないか
らでしょうね。

敗戦の日が近づいているので、戦争にまつわる小説をご紹介します。
文豪井伏鱒二の『遥拝隊長』(ようはいたいちょう)です。
渋い名作です。400字詰原稿用紙で60~70枚の中篇です。
じんわりと、戦争がもたらす悲劇の一側面をあぶり出していて、深い感動に襲われ
ます。
文部官僚の方は……詳細はわかりませんが、世間知の欠如、という思いを持ちました。

もう40年も前のことですが、友人が、文部大臣、建設大臣を歴任した自民党の某大
物政治家の私設秘書をしていました。
うそっ、と驚くような話をたくさん聞かされましたが、たとえば、ですね。

政治家の家の前に、情報を得るために、新聞記者が詰めかける。
寒いある晩、家から女中さんが出てきて、皆さん、お寒い所、お茶でもどうぞと差し
出す。
で、誰もが、まあお茶ぐらいなら、とそれを頂く。
そのうち、今度は、お寒いですから、どうぞ、家の中へと声をかけられる。
次いで、どうぞ、あがって下さい、となり、さらに、よかったら、笹(お酒)でもど
うぞ、となる。まあ一杯ぐらいなら、が二杯、三杯となる。
気が付いてみると、高級な仕出し料理を食っている。
そして、酒と肴で良い気分になっていると、いつのまにかタクシーが呼ばれていて、
背広の内ポケットには『些少ですが、お車代ですから』という結末。
つまり、知らぬ間に、籠絡されている。
少しずつステップアップして行くので、誰もが、そのテに乗ってしまう。
で、記者たちは、その政治家に対して、批判めいた記事が書けなくなってしまう。

これに類似した『巧妙な接待』で、文部官僚は籠絡されたのではないか、というのが、
志摩の臆測です。
つまり、少しずつにじり寄ってくる。
世の中には、正体不明の悪党がたくさんいます。
世間知に乏しい学校秀才は、コロっとやられてしまう。

志士とは『高い志をもって義を守る者』と定義するなら、現在の志士たる官僚の皆さん
には、『そういうことですから、頼みますよ』と申しあげたい。
 
早大のナニガシは、まあ、恥知らず、ハレンチ漢ということで、『蟄居を命ずる』が妥
当でしょう。
フランスあたりの修道会に入って、修養を積むとか、タイの洞窟にこもって『面壁九年』
なんてのもよろしいかと思います、はい。

 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

2.dbNET会員企業紹介   ~株式会社ダイケン~

このコーナーでは、dbNET会員企業を順次紹介しております。
企業概要、事業内容は各社のホームページより抜粋しております。
是非一度アクセスしてみてください。

======================================

株式会社ダイケン(本社:大阪市淀川区)は、公共施設から住宅まで、生活者視点で
快適都市空間づくりを目指し高品質を提供します。

あらゆる分野で変動の予感が広がりつつある現在、これまで拠りどころとされてきた
価値観も揺れ動いています。
たとえば、機能性の追求や合理的であることが「豊かさ」に直結した時代は、すでに
過去のものになったといえるでしょう。
いま必要なのは、人の気持ちと暮らしへの視線を生かし、本当に求められているもの
を具体的な形にすることではないでしょうか。
そこで問われているのは「豊かさ」そのものではなく、それを支えるクオリティーな
のだといえます。
これは、私たちが創業以来取り組んできた、住まい・街・社会それぞれの空間に適合
した環境を創造するという、事業活動そのものに重なるものです。 
今後も私たちは、この事業活動-景観産業というジャンルの中で、「豊かさ」のクオ
リティーをさらに高めるスタンスを基本に、人と暮らしの現場へもっと深く、熱くか
かわっていきたいと思います。
・・・私たちは、ダイケンです。

事業概要
 外装建材、内装建材、エントランス金物、建具金物、環境エクステリア、
 ホームエクステリア、ロック&セキュリティ関連製品の製造・販売

        http://www.daiken.ne.jp/


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

3.ジェームス・ホントのささやき ~~『福沢諭吉について』~~ (17)
                      『学問のすゝめ』より

=======================================

第14編は、①『心事の棚卸』(たなおろし)と②『世話の字の義』の二つに分かれて
いますので、まずは①から。
 
『人の世を渡る有様を見るに、心に思うよりも案外に悪をなし、心に思うよりも案外に
愚を働き』で始まります。
これは、誰でも、自分の胸に手を当ててみれば、そうだなあ、あるよなあ、と納得する
はずです。
愚生などは、いい歳こいて、日々、この連続です。
ボクシング連盟の某会長、報道が事実なら、絵に書いたような『悪』と『愚』の権化。

『心に企てるよりも案外に功を成さざるものなり。いかなる悪人にても生涯の間勉強し
て、悪事のみをなさんと思う者はなけれども、物にあたり事に接してふと悪念を生じ、
我自ら悪と知りながら色々に身勝手なる説を付けて、強いて自ら慰る者あり』
 
悪事を行っても、なんだかんだと理屈を付けて、言いのがれ、自分を慰める。
これも、人間の悲しい性です。
この章では、上記のような例を列挙して、人間のどうしようもなさを嘆じ、では、その
処方箋はどうしたらよいのか、と記していますが、少しわかりづらい。
 
『人生の有様は徳義の事につきても思いの外に悪事をなし、知恵の事についても思いの
ほかに愚を働き、思いの外に事業を遂げざるものなり。
この不都合を防ぐの方便は様々なれども、今ここに人のあまり心付けざる一箇条あり。
その箇条とは何ぞや。
事業の成否得失に付き、時々自分の胸中に差し引きの勘定を立ることなり。
商売にていえば、棚卸の総勘定の如きもの是なり』
つまり、マメに、自分の行動、心の動きをチェックしろ、ということなんでしょうか?
悪事、不祥事の張本人は、これをする暇がないのでは?
ドップリとその世界にはまって、自分を省みる余裕がない。
 
棚卸は、普通は、年に一回か、半年に一回ですよね。
膨大な商品がある倉庫の棚卸は、昔は大変でした。
現在、棚卸はいかになされているのか、愚生にはわかりません。
 
『流れ渡りにこの世を渡りて、かつてその身の有様に注意することなく、生来今日に
至るまで我身は何事をなしたるや、今は何事をなせるや、今後は何事をなすべきやと、
自らその身を点検せざるの罪なり。
故にいわく、商売の有様を明らかにして後日の見込みを定むるものは、帳面の総勘定
なり、一身の有様を明らかにして後日の方向を立るものは、智徳事業の棚卸なり』

日々の流れに身をまかせて、無意識的に生きるのではなく、自分の過去と現在を点検し、
さらに未来において何をなすべきか、それを考えろ、と。、
商売でも日々の心の持ちようでも、常に将来を見据えながら、来るべき日のために用意
しておけ、そのためには『心事の棚卸』が重要である、と結んでいますが、特別な事を
言っているわけではない。
現在なら、ごく当たり前のことですね。
明治の初めには、たとえば、商品Aが売れ筋と判断すると、先を考えずに、それを大量
に仕入れて、在庫過多・超過に陥り、商売があがったり、ということが多発していたの
でしょうか?
でも、こういうことって、今でもありますよね。
先を読むのは難しい。
  
この論の良さは、心の望ましい有様を点検するに、『棚卸』という卓抜な比喩を使うこ
とによってわかりやすく諭している点にあり、これは実践倫理に関する忠告ですね。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

4.dbNETファミリーへのリンク

=======================================

☆リアリムプロジェクト   http://www.realim.jp/
  ・写真をもとに外壁や内装などCGパースシミュレーション

☆リフォナビ   http://www.refonavi.com/
  ・住宅、マンションリフォーム会社総合情報サイト

☆ユ二クル    http://www.dbnet.gr.jp/unicl/
  ・マンション改修のためのコストシミュレーションソフト

☆住彩    http://www.jusai.jp/
  ・CGパース「未来写真」の事ならお任せください

☆クローバー総合サービス㈱ http://cloverts.jp
  ・25年の実績を持つCAD集団、BIMのご相談、耐震改修に対応


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

5.エピローグ

スペインのサッカー選手、イニエスタが、早々とJリーグに登場、ファンにはたまらな
いでしょう。
あの『持っている男』の本田選手が、ベンチャーファンドを立ち上げたとか。
驚きました。
中田英寿と同様に、サッカーの選手では終わらないで、何事かを為す男だとは予想して
いましたが、ファンドを設立するとは!
なかなかに、気宇壮大なことを考えていたのですね。
第二の『世界のHONDA』になれるかな?
相棒は、あの黒人俳優のウィル・スミス。売れっ子です。
いやはや、まことに恐れいりました。この組み合わせ!
 
ウィル・スミスは(間違いないと思うのですが)ジーンハックマンと共演した映画『ア
メリカン・エナミー』で確か弁護士役で登場していました。
とても面白いサスペンスで、悪役にはアンジェリーナ・ジョリーの実父のジョン・ボイ
ド。マフィアも登場してハラハラドキドキ!
お勧めの一本です。
 
スポーツの選手が、引退後、異業種に参入する場合は、かつては飲食業が多かったので
すが、時代は変わるものだなあ、との感を強く持ちました。
巨人のあの高田選手(現在は日本ハムのゼネラルマネージャー?)、すでに70を越え
ましたが、引退後の一時期、東京の武蔵小金井でうどん屋を経営していました。
ボクシングのチャンプ輪島は、お隣りの国分寺でダンゴ屋。

巨人のマルチネス選手(ドミニカ出身)が初打席初ホームラン、こちらは見事でした。
3軍、2軍と登りつめて、1軍でいきなりのホームラン。
どれほど嬉しかったことか。
育成選手(技能実習生?)から這いあがってきたので必死、ハングリー精神も旺盛だと
思います。
仄聞するところによると、育成選手の年俸は300万弱、2軍で600万弱、一軍に定
着すると、最低年俸1500万とか。
母国に送れば、大変な金額になるでしょう。
努力を重ねて、大いに活躍して家族を喜ばせて下さい。
2億、3億稼げ!
カリブ海地域で『ジャパン・ドリーム』という言葉が生まれるかも。

異国からやってきた選手が日本で大成して名を成し、さらにはメジャーリーガーになる
なんて素敵です。
昨年まで巨人にいたマイコラス投手(奥さんは超美人!)、今年はメジャーのオールス
ターに選出されたんですよ。
こうした交流、成功譚はほんとに喜ばしい。
 
まだまだ暑いので、読者諸兄よ、御身大切に。

   ~~蝉時雨(せみしぐれ) トーンが低いぞ 夏バテか~~


=======================================
最後までお読みいただきありがとうございました。
メルマガ会員も常時募集しています。(会費は無料)
本メルマガに興味を持たれそうな知合いがいらしたら、是非ご紹介ください。

▼【お問い合わせ、新規ご登録等】
 本件に関してご不明な点がお有りの場合は事務局までお問い合わせください。
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )
 
▼【メール配信停止】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )

▼【配信先メールアドレス・住所・連絡先など登録情報の変更】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  発行:有限責任事業組合C-PES研究会 dbNET事業部 
               http://www.dbnet.gr.jp/
     〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥