建築・土木・設備製品・工法 総合カタログdbNET

〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

dbNETメールマガジン【VOL.129】

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ☆★☆   dbNET   Weekly ニュース    ☆★☆
                            【VOL.129  2018年 6月 8日】
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

…………………………………………………………………………………………………
このメールはdbNETファミリーのユーザー登録時にメールアドレスをご記入いた
だいたお客様に送信しております
    Webサイト ◇http://www.dbnet.gr.jp
    Facebook  ◇http://www.facebook.com/dbnetgrjp
    Twitter  ◇http://twitter.com/dbNET12

…………………………………………………………………………………………………

■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■   今週のもくじ
■ 1. プロローグ
■ 2. dbNET会員紹介  ~デンカ株式会社~
■ 3. J・Hのささやき 「福沢諭吉について(16)」
■ 4. dbNETファミリーへのリンク
■ 5. エピローグ
■       
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1.プロローグ

こんにちは、志摩です。
プロ野球の交流戦が始まったので、楽しい毎日です。
ソフトバンク、やたらと強いですね。
セリーグは食い物にされている。情けない。 
今年も、交流戦のトップ球団はパリーグのチームなのか?

あまり興味のないサッカーのことも、大舞台が迫っているので気になりはじめてい
ます。
そりゃあ、ワールドカップとなれば、日本人ですから、無視はできない。
勝利を祈るばかりですが、さて、一勝できるか?
初戦のコロンビア戦で、ボロ負けしないように祈ります。

サッカー通に言わせると、あのメンバー構成は『若くない』、みずみずしさがない
と映るらしい。へえ、そうなんだと思います。
志摩は、もうベテラン(原義は古参兵)に属する本田が好きですね。
あの、攻撃的で猛々しい顔が好きなんです。
戦国時代、足軽から武将に成りあがろうとした男たちは、あんな顔をしていたのでは?
 
日大のアメフト部の件が大問題になりましたが、あることを思い出しました。
(監督とコーチ、江戸時代なら市中引きまわしの上、江戸所払い、あるいは遠島、
つまり島流しですね)

アメフトとボクシングは違うのですが。
ボクシングでは、特にアメリカでは、リングにあがった選手にセコンドがよく言います。
『さあ、あの野郎をぶっ殺してこい!』
そして、物騒な言葉を吐いたセコンドはひざまずいて、十字を切って選手の勝利を神に
祈ります。
サッカーでは、どんな言葉で選手を鼓舞しているのでしょうか?

散歩をすると、どこもかしこも緑で溢れ、ほんとに気持ちが弾みます。
あじさいがとても綺麗です。

このミドリ、語源は、ミジミズしい、水々しい(瑞々しい、もあります)から来たよう
です。で、植物のミドリが緑、石のミドリが碧、鳥(カワセミ)のミドリが翠、とモノ
の本にあります。
ミドリの黒髪、ミドリ児はだから、緑色ではなく、水々しく美しい様を表現しています。

ところで、モリ・カケ問題、さすがにもう決着をつけろよ、と思うのですが、なかなか
ゴールが見えてきません。永遠に霧の中。
与野党の攻防は、ほぼ同じことの繰り返し。
水々しさがまったくない。新鮮さがない。
収獲されてから時間の経ったレタスみたいですね。

で、そろそろ、新鮮な政権が見たいなあと思うのですが、いかがでしょうか?
中国もロシアもトップのお顔は変わらず。
トランプ大統領。
年齢的には新鮮ではありませんが、トップになってから日が浅いので、存在としては
まだ新鮮さがありますね。
吐く言葉は前代未聞ゆえに新鮮すぎる?
 
そうした大国のトップと比べると、まだ若いので、なおさらそう見えるのでしょうが、
不思議なことに、いや困ったことに、あの北の三代目がフレッシュに見えてきます。
 
明治の草創期、西郷も大久保も木戸も40前後でしたから、当時の西欧列強からは、
フレッシュに見えたのではないでしょうか?
そのように考えると、そろそろ40代のトップが出てきても良いのでは?
ケネディ大統領は41か42でしたよね。

いえ、あの、あれですよ、ほら、あの方のあのご子息を指しているわけではなく、若い
ひとに登場して欲しいという意味です。他意はありません。
若くて有能な人材、払底しているんでしょうか?
野党にも、若い論客、出てきませんね。
 
ともあれ、あの贅言を弄する長州出身のお方、もう禅譲すべきですよ。
読者諸兄もそう思われませんか? 

 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

2.dbNET会員企業紹介   ~デンカ株式会社~

このコーナーでは、dbNET会員企業を順次紹介しております。
企業概要、事業内容は各社のホームページより抜粋しております。
是非一度アクセスしてみてください。

======================================

デンカ株式会社(本社:東京都中央区)は、1915年の創業より、化学のものづくりを
通じて、豊かな生活づくりと社会貢献を重視した企業活動に努めてきました。
2016年に企業理念「The Denka Value」を制定し、「化学の未知なる可能性に挑戦し、
新たな価値を創造(つくる)ことで、社会発展に貢献する企業となる。」を使命とし
て明確に位置づけ、社会的責任と成長戦略をともに欠かすことのできない両輪として
追求していくことを宣言しました。

デンカが100年を越える歴史の中で培ってきた独自技術は、予防と早期診断のニーズが
高まるヘルスケア分野や、環境対応と自動運転化が進む自動車分野などの先端市場に
おいて、新たな価値を提供することで、更なる社会進歩の一助となることが期待され
ています。

デンカは、外部環境の変動に左右されずに持続的な成長を果たせる企業体質となるべ
く、事業構造の一層のスペシャリティ化を進めると同時に、IoTやAIなどの先進技術を
活用し、生産性の革新をはかっていきます。競争力の強化を業績向上につなげ、その
成果をステークホルダーの皆様にしっかり還元するとともに、働き方改革に結実して、
はたらく人の幸せを追求する企業としての健全な成長を目指してまいります。

事業概要
〇エラストマー・機能樹脂
 スチレン系樹脂、化成品およびアセチレン系有機化学品により構成されます。
〇インフラ・ソーシャルソリューション
 インフラ・ソーシャルソリューション部門では、カーバイド、石灰窒素、無機セラミ
 ックス製品、セメント及び特殊混和材、農土木資材として使われる各種管材の事業を
 行っています。
〇電子・先端プロダクツ
 ファインセラミックスと有機ファインの複合技術を基盤とした多岐にわたる電子材料
 事業を展開しています。
〇生活・環境プロダクツ 
 雨どいなどの建築材料から、産業用テープ、食品包装用材料、高機能フィルム、ウィ
 ッグ用合成繊維など、環境にやさしく、暮らしに貢献する製品を取扱っています。 
〇ライフイノベーション 
 インフルエンザワクチンや検査試薬、高分子ヒアルロン酸製剤に加え、さらなる事業
 領域の拡大を進めて、世界の人びとの健康増進に役立つ製品・サービスを提供してまい
 ります。

    http://www.denka.co.jp/


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

3.ジェームス・ホントのささやき ~~『福沢諭吉について』~~ (16)
                      『学問のすゝめ』より

=======================================

第13編は、『怨望の人間に害あるを論ず』です。
最も有名な論です。
怨望(えんぼう)とは、ひとをうらめしく思う心根のことです。
言葉は多義的なので、ねたみ、そねみ、嫉妬でもあります。
 
英語では、envyで、エンヴィと発音します。音が似ていますね。
この音から、類似する漢語を福沢は思いついたのでしょう。
福沢は英語の達人でありましたが、若い頃に膨大な漢籍を読み込んでいたので、とっ
さに、このenvyに怨望を当てたと思われます。
驚嘆すべき学識です。
何年か前、イチローが、同僚に、『アイ、エンヴィ、ユウ』と言っているのをテレビ
で見たことがあります。どんなシーンだったかは忘れましたが。
多分、『いいなあ』といった意味合いでしょう。
あるいは、『うらやましいなあ』

しかし、漢字の怨望となると、意味が重く、重層的になります。
福沢は、この心情を激しく唾棄します。
『およそ人間に不徳の箇条多しといえども、その交際に害あるものは怨望より大なる
はなし。
貪吝(どんりん)、奢侈、誹謗の類は、何れも不徳の著しきものなれども、よくこれ
を吟味すれば、その働きの素質において不善なるにあらず』
人間には様々な不善がある。たとえば、金ばかりを欲しがる人間を『貪吝』と呼ぶが、
それがその人間の天性ならば、決して咎めるにあたらない。
ただし、『理外の銭を得んとしてその場所を誤り、銭を好むの心に限度なくして、理
の外に出て、銭を求るの方向に迷うて理に反するときは、之を貪吝の不徳と名(なづ)
くるのみ』

しかし、怨望は『あたかも衆悪の母の如く、人間の悪事これに由て生ずべからざるも
のなし』
疑猜、嫉妬、恐怖、卑怯の類は、全部、この怨望という感情が基になっていると論じ
ます。
その例えとして、大名の御殿女中の態度、有り様をあげています。
ただただ殿様の寵愛を得んとして、仲間をねたみ、その足を引っ張ることに血道をあ
げている。日本は、そんな国になってはいけない、とたしなめます。

あのヒトラーでも、何人もいる側近たちの、お互いの『怨望』に悩ましい思いをさせ
られたという記録が残っています。
『なんであいつだけ、あんなに総統に気に入れられているんだ、おれだってちゃんと
仕事をしているのに!』
(トランプ大統領も、同様の悩みを抱えているのでは?)

小泉元総理も、かつて、『政界は嫉妬のかたまりだ』と言ったことがありました。
確かに、そうなのでしょう。
トップの周囲に群れるようになると、トップの信任を得たいとの競争心から、要らぬ
嫉妬を仲間にそれを感じ、仲間を蹴落とそうとする。
自分がトップに立つと、今度は側近たちが怨望にとらわれて争っている姿を見てしま
う。
 
世界を見ても、日本を見ても、同僚の嫉妬感情から来る誹謗、中傷のために失脚した
人間は数知れず。怖いことです。
しかし、そうした卑劣な人間も、時が経てば同じテでやられる。
これが世のならい。怨望の循環運動。
小人なので、愚生にもそうした感情はあります。
自分では少量と思いたいのですが、これはわからない。
この福沢の諫言は永遠ですね。
心して日々生きたいものです。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

4.dbNETファミリーへのリンク

=======================================

☆リアリムプロジェクト   http://www.realim.jp/
  ・写真をもとに外壁や内装などCGパースシミュレーション

☆リフォナビ   http://www.refonavi.com/
  ・住宅、マンションリフォーム会社総合情報サイト

☆ユ二クル    http://www.dbnet.gr.jp/unicl/
  ・マンション改修のためのコストシミュレーションソフト

☆住彩    http://www.jusai.jp/
  ・CGパース「未来写真」の事ならお任せください

☆クローバー総合サービス㈱ http://cloverts.jp
  ・25年の実績を持つCAD集団、BIMのご相談、耐震改修に対応


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

5.エピローグ

ラジオで聞いたのですが、国の権力者はおおよそ、四つのタイプに分類されるそうです。
①有能で善人 ②有能で悪党 ③無能で善人 ④無能で悪党

善人とはどんな人か、悪党とはどんな野郎か、それは置いといて、単純に考えれば、も
ちろん①が最善で、④が最悪。
だいたい、②か③でしょうかね、世界でも日本でも。
まあ、こうした分類はあくまでも便宜的かつ大雑把なものです。
人間は容易には分類できない複雑体ですから、これにこだわる必要はまったくないので
すが、『話』としては、面白い。
たとえばイギリスのチャーチル、日本の岸信介、田中角栄、小渕恵三はどうだったのか
を考えるのは、酒の肴としては、面白い。 
 
々が知りうるのは、マスメディアを通じてですから、そのひとの実相、全体を知ること
は不可能です。しかし、人間というのは、片言隻句からでも、そのひとの人柄を類推す
ることは出来ます。
この類推は、そう馬鹿にしたものではなく、『アタリ!』となることが多い。

アソウさんは放言が多い方で、ポロッポロッと本音が出てしまう。
でも、あまり憎めない。
九州人独特の、突き抜けた所がある。
しかし、現在は、そうした放言居士的な個性が理解出来ない、わからない時代になって
いるようです。
マスコミが揚げ足取りを『正義』と思っていて、読者はそれに感化されてしまう。
で、重箱の底をつつくような細心さでみんなが同氏を攻撃する。
別に同氏を擁護しているわけではないのですが……
まあ、『内』と『外』との区別がつかない御仁なんでしょう。 

ヨーロッパに、『侍僕(じぼく)の眼に英雄なし』という言葉があります。
つまり、世間的に英雄、大物とされている人間でも、家庭においてそばで仕えている
召使から見れば、ただの男、どこにでもいる男と同じにしか見えない、という意味だと
思います。しかし人間は、誰でもそうしたものです。 
内と外が一緒の人間なんて、まずいない。
じゃなければ、身がもたない。
修羅場の『外』では頭と気をつかい、威厳をとりつくろうが、安穏な場の『内』では、
頭も気もつかわずに、呆けたようになって、時には放屁もする。
だらしない態度も見せる。
またその落差が、多分、人間の魅力でもあるのでしょう。
 
『うちのダンナですか? 世間では大物とかなんとか言われているようですが、家では
ただのヤドロクですよ、下品なゲップはするし、イビキはかくし家のことはなんにも出
来ない。まあ、可愛げはありますが』
こうした表現を、昔は女房リアリズムと申しました。
『女房の眼に大物なし』
貴兄は、『内』ではいかが?
 
ところで、現総理は、上記した分類の、どこに入るのでしょうかね?

=======================================
最後までお読みいただきありがとうございました。
メルマガ会員も常時募集しています。(会費は無料)
本メルマガに興味を持たれそうな知合いがいらしたら、是非ご紹介ください。

▼【お問い合わせ、新規ご登録等】
 本件に関してご不明な点がお有りの場合は事務局までお問い合わせください。
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )
 
▼【メール配信停止】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )

▼【配信先メールアドレス・住所・連絡先など登録情報の変更】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  発行:有限責任事業組合C-PES研究会 dbNET事業部 
               http://www.dbnet.gr.jp/
     〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥