建築・土木・設備製品・工法 総合カタログdbNET

〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

dbNETメールマガジン【VOL.119】

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ☆★☆   dbNET   Weekly ニュース    ☆★☆
                            【VOL.119  2018年 1月 12日】
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

…………………………………………………………………………………………………
このメールはdbNETファミリーのユーザー登録時にメールアドレスをご記入いた
だいたお客様に送信しております
    Webサイト ◇http://www.dbnet.gr.jp
    Facebook  ◇http://www.facebook.com/dbnetgrjp
    Twitter  ◇http://twitter.com/dbNET12

…………………………………………………………………………………………………

■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■   今週のもくじ
■ 1. プロローグ
■ 2. 年頭所感  有限責任事業組合C-PES研究会 代表理事 岩田 誠二
■ 3. J・Hのささやき 「福沢諭吉について(12)」
■ 4. dbNETファミリーへのリンク
■ 5. エピローグ
■       
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1.プロローグ

あけましておめでございます。
本年もよろしくお願い申しあげます。
 
さて、読者諸兄は、どんな初夢を見られましたか?
縁起の良い夢は、一富士、二鷹、三茄子と言いますが、続きというか、後世どこぞ
の暇人が付け足したんでしょうね、四扇(しせん)、五煙草(ごたばこ)、六座頭
(ろくざとう)と金魚のフンのようにくっつきます。
扇は末広がりを意味し、煙草は煙が上に昇ることから運気の上昇を表わし、座頭は
坊主なので毛がない、つまり怪我なし、を意味します。
面白いですね。
  
日本の近隣で大きな不安定要素が息づいているので、今年はいつになく、家内安全、
国内安全を願わずにはいられません。
これは誰しもが思い、念じることだと思います。
がしかし『楽観もせず悲観もせずの散文精神』(大正時代の人気作家・広津和郎の
言葉)でまいりましょう。
一種の中庸精神です。
 
北朝鮮の船が、日本海側にたくさん漂着しました。
今後も増えるのでしょうか?
多数の死者が出ているようで、胸が痛みます。
庶民、漁民は悪政の犠牲者ですから、ホントにあの国の為政者には深い憤りをおぼ
えます。
日本国政府は、生存している漂流民がいたら、丁重に扱うべきですね。

今からおよそ1200年前、日本は大陸の文明・文化を摂取するため、命がけで、
大陸に渡っています。何度も遭難して、犠牲者の数はかなりのものです。
脆弱な船、未熟な航海技術のせいです。それでも果敢に何度も挑戦して、大陸に上陸
しました。もちろん、帰途も命懸けでした。遣隋使、遣唐使ですね。
皆さんもよくご存知かと思います。
そうした折、日本人に親切に接し、何度も窮状を救ってくれたのは通訳官をはじめと
する多くの朝鮮人(当時は新羅)でした。

たとえば、天台宗の僧侶、円仁(えんにん・慈覚大師)は838年から847年まで
唐に滞在しています。
天台宗の真髄を極めることが目的でしたが、円仁の『入唐愚求法巡礼行記(にっとう
ぐほうじゅんれいぎょうき)』という記録によると、円仁に助力してくれた朝鮮人の
通訳、僧侶の名前が何人も出てきます。
金正南、という通訳の名前に接すると、はて、どこかで見た名前だなあ、などと思っ
てしまいます。
マレーシアで暗殺された小皇帝の兄君は、たしか金正男でしたね。

さて、北の彼の国がどうなるかわかりませんが、誰もが色々と想定はしていると思い
ます。
我が同胞がお世話になった遠い過去に思いを馳せて、困窮した庶民が漂着、避難して
きた場合には、我が国は、徳の高い国として、対応しましょう。
国は有事に備えて、色々と検討しているでしょう。
 
現在の中国では、アメリカを美国、フランスを法国、ドイツを徳国と表記している由。
我が国も徳国となりましょう。

ええ?
北朝鮮の南の国のことですか?
それは、ちょっと、難しいことはきかないで下さい!
あの約束をまた見直すなんて、反故にするなんて、そんな殺生なあ!
新大統領閣下、頼みますよ!
貴国は近代国家でしたよね?
中国と美国にはさまれてご苦労が多いことはわかりますが、日本叩きで国民の人気を
得ようとする手法、もうおやめになってはいかがですか。
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

2.年頭所感 
     
        有限責任事業組合 C-PES研究会 代表理事 岩田 誠二

======================================

新春の候、皆様にはますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。
また、平素よりdbNETメールマガジンをご愛読頂き、感謝申し上げるとともに、今年が
よき年となりますよう心からお祈り申し上げます。

世界経済の不透明化・流動化、国内の人口減少、高齢社会の到来など時代は大きく変化
しております。
これからは変化のスピードに対応しつつ、新たな道を切り開いていかねばなりません。
国土交通省は、建設現場の生産性革命のため、i-constructionなどの施策を推進してい
るところです。

建設産業は多数の関連業種の重層的産業構造となっており、生産性革命のためには、
関連産業の協力のもとITの情報共有基盤の整備が不可欠です。
dbNETは、その一翼を荷うため、今後とも益々充実を図っていかなければなりません。

C-PES研究会が参加している(一財)建築保全センターが主催するBIMライブラリー
コンソーシアムもいよいよ来年度よりは具体的に稼働し始める段階に入ってきており
ます。
建築空間のデジタルモデルに、建材・設備等の属性データを付加し、建築生産・維持
管理プロセスのすべてに亘り生産性向上を図るためのイノベーションシステムです。
dbNET事業部では会員企業に登録していただいている商品データが、このシステムに
反映されるべく一層の努力を惜しまず推進してまいります。

また、昨年は(一社)JBN全国工務店協会の会員となり、dbNET登録データをJBN会員の
皆様に周知するべく活動をしてまいりました。
今後はこれによって、各企業が新たなビジネスチャンスを捉え、産業の活性化と地域
経済への貢献が促進されるものと期待されます。

今年を新たな躍進の年とすべく是非ともdbNETへのご協力を継続して頂きますよう
お願いいたします。
                   平成30年 元旦


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

3.ジェームス・ホントのささやき ~~『福沢諭吉について』~~ (12)
                      『学問のすゝめ』より

======================================

第十編は、『前編の続、中津の旧友に贈る』です。

『独立とは、一軒の家に住居して、他人へ衣食を仰がずとの義のみに非ず。
こは唯内の義務なり。尚一歩を進めて外の義務を論ずれば、日本国に居て日本人たる
の名を恥しめず、国中の人と共に力を尽くし、この日本国をして自由独立の地位を得
せしめ、始て内外の義務を終えたりと云うべし。
故に一軒の家に居て僅かに衣食する者は、これを一家独立の主人と云うべし、未だ独
立の日本人と云うべからず。
試みに見よ、方今天下の形勢、文明はその名あれども未だその実を見ず、外の形は備
われども内の精神はむなし。
今の我海陸軍を以って西洋諸国の兵と戦うべきや、決して戦うべからず。
今の我学術を以って西洋人に教ゆべきや、決して教ゆべきものなし。
かえってこれを彼に学びて、尚その及ばざるを恐るるのみ』

自分の家で起居していれば、それは、独立した主人ではあるが、独立した『日本人』と
は言えない、と苦言を呈しています。
たとえば、現状を見れば、外形だけは備わっているが、内実はまったくなっていない。
西洋諸国と戦争になれば、とてもかなわないだろう、だから戦争はするな。
また、日本人が西洋人に教えるべきものがあるか、ないだろう、今でも教わるのみで、
はなはだ心もとない。
西洋人のレベルにはいまだ達していない、という慨嘆が述べられています。
福沢の切歯扼腕がよく表われています。
文面から判断できるのは、近代的な機械、装置といったモノの面が強調されていること
です。つまり殖産興業に励め、そのために学問に励め、言っています。
 
『今我国内に外国の器品を買入るるは、我国の工業拙なる故に、暫く銭と交易して用を
便ずる者なり。この人を雇い、この品を買うがために金を費すは、我学術の未だ彼に及
ばざるがために、日本の財貨を外国へ棄ることなり。国のために惜むべし。
学者の身となりては恥ずべし』

日本はまだ自前でロクなものを作れないから高い金で外国の技術者を雇い、かつ外国か
ら製品を買っているが、これは惜しいことではないか、と述べています。
『西洋諸国と戦争するな』との言葉は、自国の軍事力の低さを知っていたからですね。
学問のすゝめが書かれたのは明治4年から10年にかけてですから、当時の時代背景を
考えると、戦争の脅威があり、そのためには、軍事力も含めた総合的な技術力を持たね
ばならない、という認識です。
しかし、現今の日本にはそんな実力はない、という思いです。
高い技術力がなければ、強力な軍事力は持ちえません。
当時の世界情勢に通じていた福沢は、軍事力がない故に、西洋列強によって収奪されて
いる弱小国家がいくつもあることを知っていました。
となると、それでは独立はおぼつかない、となりますね。
 
しかし、これは、軍国主義とは違います。独立を守り、植民地にならないための、当た
り前の防衛力のことです。正当な武力保持です。
(理想は世界中から武力が消滅することですが、これは夢のまた夢ですね。
アインシュタインが面白いことを言っています。もし第4次世界大戦が起きたなら、そ
の時は、おたがいに棍棒で戦うようになるだろう、と。
このブラック・ジョークの意味、おわかりですよね?)
 
さて現今の日本は、車をはじめとして、様々な先進機器、つまりは『道具』ですが、世
界中に輸出して、外貨を稼いでいます。日本も世界中から買っています。
しかし、こと防衛品についてはどうでしょうか?
我が国は、某超大国から、言い値で武器を購入させられているようです。
どれほどの散財を強いられているのか?
まさに『日本の財貨を外国へ棄ることなり』に等しい行為です。
   
福沢なら、『御一新から150年もたっているのに、まだそんなテイタラクなのか、
自前でなんとかしろ』と怒ると思うのですが、いかがでしょうか?


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

4.dbNETファミリーへのリンク

======================================

☆リアリムプロジェクト   http://www.realim.jp/
  ・写真をもとに外壁や内装などCGパースシミュレーション

☆リフォナビ   http://www.refonavi.com/
  ・住宅、マンションリフォーム会社総合情報サイト

☆ユ二クル    http://www.dbnet.gr.jp/unicl/
  ・マンション改修のためのコストシミュレーションソフト

☆住彩    http://www.jusai.jp/
  ・CGパース「未来写真」の事ならお任せください

☆クローバー総合サービス㈱ http://cloverts.jp
  ・25年の実績を持つCAD集団、BIMのご相談、耐震改修に対応


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

5.エピローグ

樽俎折衝(そんそせっしょう)という言葉があります。
簡単に言うと、外交談判、折衝、交渉のことです。
国家にとって、最も重要な仕事のひとつです。
だから、外交官、大使には、有能にして沈着なひとが選ばれます。
『自国の利益のために平気で嘘をつく紳士』、なんて外交官を揶揄する言葉もありま
すが。
 
今年は明治国家誕生150年ということで、様々な行事、催し物があると思います。
良い響きですね、明治というのは。
『降る雪や 明治は遠く なりにけり』と歌ったのは、俳人の中村草田男でした。
明治という言葉がつくのは明治神宮、明治大学、明治製菓、明治乳業、明治薬科大学、
明治学院大学、明治村、ほかにもあると思います。
で、明治学院大学について記します。小説家の島崎藤村がでた学校です。  
 
これまでアメリカ駐日大使はたくさんいましたが、年配者がまず思い浮かべる大使の
筆頭はエドウィン・ライシャワー(ご先祖はドイツ系・1910~1989)でしょ
うか?
1961年から1965年まで駐日大使を務めました。
ライシャワーは、ハーバード大学の歴史の先生です。
東大で学んだこともあります。
東アジア史、中国史、日本史が学究の範囲です。碩学でした。
 
父親がアメリカの宣教師として来日したため、エドウィンは日本で生まれ、16歳ま
で日本で過ごしました。
明治学院大学のキャンパス内の家に住んでいたんですよ。
 
父親は明治学院大学で倫理、哲学を教えながら、東京女子大学の設立(1918年)
に貢献しています。
で、同女子大の初代学長の新渡戸稲造とは親交がありました。
息子のエドウィンは帰国後、アメリカで大学教授になり、ケネディ政権の時、大使と
してまた日本にやってきました。
知日家、親日家として有名で、アメリカ人が持つ日本人への偏見、差別感情を変えよ
うと奮闘しました。要するに、日本と日本人を愛していたのです。
『アメリカ人が持っている占領軍意識を変えないとダメだ』
(現大統領、日本に好意を持っていますかね? 商売相手としては都合のよい国だな、
といった程度の思いしか持ち合わせていないのでは? つまりソロバンづく) 
 
ライシャワーは1965年の日韓条約締結でも尽力しています。
陰の功労者です。
とにかく、日本を深く理解し、日本のために多大な努力をしてくれました。
宣教師だった父親と同様に、日本にとっての恩人の一人です。
親子二代にわたる恩人、というのは、稀ではないでしょうか?
 
日本の政治家とは多数会っていますが、特に当時外務大臣だった大平正芳とは仲良し
でした。大平は大変な読書家でクリスチャンでもありました。

ライシャワーは大使になる前、奥さんが病死したため、日銀を設立した薩摩閥の元老
の松方正義の孫娘、松方ハルと再婚しています。ライシャワー45歳、ハル40歳。
大使に赴任して5年目の1964年に、ライシャワーは精神に異常(統合失調症)を
きたした日本の一青年のテロに遭っています。
『すわ一大事、親日的なアメリカの大使が刺された、大変だ!』
右の太股を刺され、大量出血したため、輸血を受けました。
ライシャワーはしかし、一切、犯人を糾弾する言葉を吐くことはなく、ユーモラスな
言葉で狼狽した日本人を安心させました。
『日本の皆さんからたくさん輸血してもらったので、混血になったような気持ちです』
が、輸血がたたってC型肝炎になり、その後遺症に生涯苦しみ1990年に79歳で
亡くなりました。当時は大きなニュースでした。
  
ライシャワーが尊敬していた日本人は実業家にして教育者の渋沢栄一、思想家にして
教育者の福沢諭吉、政治家にして教育者の大隈重信などでした。
 
父親、そして自身も教育者でしたから、そうした偉人たちに共感したのでしょう。
ライシャワーは1984年に、次の言葉をのこしています。
『世界平和は国際間の理解にかかっており、理解しあえるかどうかはコミュニケーシ
ョンの知識と技能にかかっている。
したがって、平和はつきつめれば、教育しだいである』
 
ホントに教育は大切ですが、特に歴史教育においては、何を教え、何を教えないのか、
この選別が難しいですね。
学校で古代から現代まで精緻に教えていたら、他の学科をやる暇がなくなってしまう。
昔あるひとが、
『通史を教える必要はない。たとえば江戸時代だけ教えれば、知的好奇心の強いひとは、
その前、その前、その後、その後と自然に、自分で学ぶようになるだろう』と言ってい
ますが、これでよいのでは?
志摩の考えでは、学校では、外国との交渉が生まれた近・現代史を重点的に学ぶことが
最も重要だと思います。 
『その前後はテメエで学べよ』ですね。
つまり社会に出てから、自身で学ぶしかないでしょう。
『歴史はすべての学問の母である』と言いますヨ。
ここで言う歴史は、政治史だけでなく、産業史、社会史、思想史も含みます。
 
それにしても、現今の学校の歴史教育はひどいもので、『歴史が嫌いになるように教え
ているとしか思えない』というのが志摩の実感です。

外国との関係において自国にとってイヤなこと、不都合なことでも、耳をふさがずに、
目をつぶらずに、真摯に学ぶことが、将来的には最も良いことではないでしょうか?
もちろん、それは相手国にも言えることです。
 
さて、なにはともあれ、無事息災に日々を過ごすことができれば御の字、今年も皆様の
ご健勝を心よりお祈り申しあげます。
寒いので、ご自愛下さい。

======================================
最後までお読みいただきありがとうございました。
メルマガ会員も常時募集しています。(会費は無料)
本メルマガに興味を持たれそうな知合いがいらしたら、是非ご紹介ください。

▼【お問い合わせ、新規ご登録等】
 本件に関してご不明な点がお有りの場合は事務局までお問い合わせください。
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )
 
▼【メール配信停止】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )

▼【配信先メールアドレス・住所・連絡先など登録情報の変更】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  発行:有限責任事業組合C-PES研究会 dbNET事業部 
               http://www.dbnet.gr.jp/
     〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥