建築・土木・設備製品・工法 総合カタログdbNET

〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

dbNETメールマガジン【VOL.116】

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ☆★☆   dbNET   Weekly ニュース    ☆★☆
                            【VOL.116  2017年 11月 24日】
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

…………………………………………………………………………………………………
このメールはdbNETファミリーのユーザー登録時にメールアドレスをご記入いた
だいたお客様に送信しております
    Webサイト ◇http://www.dbnet.gr.jp
    Facebook  ◇http://www.facebook.com/dbnetgrjp
    Twitter  ◇http://twitter.com/dbNET12

…………………………………………………………………………………………………

■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■   今週のもくじ
■ 1. プロローグ
■ 2. dbNET会員紹介  ~ワイエム工業株式会社~
■ 3. セミナー・展示会のご案内  
■               「ロボデックス セミナー & スマート工場 EXPO セミナー 」
■ 4. dbNETファミリーへのリンク
■ 5. エピローグ
■       
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1.プロローグ

こんにちは、志摩です。
 
あと一ヶ月強で今年も終わりですよ! 
今年も無為に過ごしてしまった。ああ、やんぬるかな。
 
旧聞に属しますが、朝鮮通信使とともに、群馬県の古代石碑群の『上野三碑』(こ
うずけさんぴ)がユネスコの世界記憶遺産に登録されたと、11月1日付けの新聞
にありました。
この『こうずけ』の『ず』という表記は間違いで、正しくは『こうづけ』です。
で、今回は、面白い国語の話を致します。少しややこしいのですが……
お付き合いを賜ります。 

上野と書いて、なぜ、こうづけと発音するのか?
群馬県、栃木県は遠い昔、毛野(ケノ)の国と呼ばれていました。
草木が生い茂る野という説が有力ですが、志摩は毛深い人が住む野、つまり蝦夷(エ
ミシ)、アイヌが住んでいたからではないか、と思っています。
それはともかく、毛野がなぜ、こうづけになるのか?
そうそう、赤穂浪士では、憎っくき敵役として吉良上野介が登場しますね。
キラ・コウヅケノスケ。

さて、この毛野、まず京都に近い方に上(カミ)を付け、遠い方に下(シモ)を付け
ました。東西南北、前後(肥前、肥後、越前、越後)とともに、地域を分けるのに上
中下(カミ・ナカ・シモ)はよく使いますね。
長野県の上伊那、下伊那とか。

で、毛野にカミを付けてカミツケノとなります。
このツは日本の美称である『瑞穂の国』と言う時の『の』で、助詞ですから現在の
『の』と同じですが、古語では『ツ』となります。
たとえば、天つ罪(あまつつみ・天上で犯した罪)、国つ罪(くにつつみ・国土で犯
した罪)も同類のツです。

もう一方はシモツケノ、つまり現在の栃木県ですね。
さらに、カミツケノの後半部のノが省略されて、カミツケとなり、さらに、カミがコ
ウという発音に変わります。
神々しい、かみがみしいとは発音しませんね。
こうごうしいと発音します。『カミ』が『コウ』になまったわけです。
河野(カワノ)が(コウノ)に、河内(カワチ)が(コウチ)になまるように。

で、上野(カミツケ)が、最後に、こうづけ、となりました。
最初に書いたように、この場合は『こうづけ』で、『こうずけ』ではありません。
各新聞の表記は間違いです。
月はつきですから、三日月は『みかづき』で『みかずき』ではありませんね。
それと同じです。
しかし辞書にはだいたい『こうずけ』となっています。これは戦後の国語改革がもた
らした改悪です。その理由は、簡単に言うと、敗戦までの日本は何もかも間違ってい
た、だから国語も改革しようという運動の一環です。

次に、なぜこうつけではなく、清音(せいおん)の『つ』が『づ』とにごって、こう
づけとなるのか?
濁音(だくおん)ですね。

日本語には、連濁(れんだく)という傾向というか法則があります。
 安倍総理が以前、発したことがありましたね。
『息をのむような美しい棚田』、これはタナタではなく、タナダと読みます。
本棚はホンダナ、網棚はアミダナ。ぬか漬けは、ヌカヅケ。
義歯、入れ歯は、イレハではなく、イレバ。
(不正を行った設計士の姉歯さんは、アネハで、アネバではありませんが)
 
語の後ろに、カ行、サ行、タ行、ハ行(パ、ピ、プ、ペ、ポの半濁音もある)の音が
あると、次にくる語は6~7割方、濁音か半濁音になります。
冒頭の三碑も、さんひ、ではなく、さんぴ、と半濁音になります。
発表は、はっひょう、ではなく、はっぴょう。
干瓢は、かんひょう、ではなく、かんぴょう。
その方が発音しやすいからです。
繰り返します。
本棚、ほんたな、網棚、あみたな、女心、おんなこころ、発音しにくいですね。
おんなごころ、実に発音しやすい。実にかわりやすくもある?
 
人名の大・中・小を見ると、明瞭です。
大沢(おおさわ)、中沢(なかざわ)、小沢(おざわ)
大川(おおかわ)、中川(なかがわ)、小川(おがわ)
大里(おおさと)、中里(なかざと)、小里(おざと、こざと)
大の時は濁らないが、中、小の場合は次にくる音が濁る(濁音)、面白いですねエ。

サッカーに中田(なかた)という名選手がいましたが、濁らない、つまり清音はとて
も珍しい。そうそう日ハムの中田も(なかた)でしたね。
大谷、中谷(なかたに)、小谷(こたに)はいずれも濁りませんが、これも珍しいケ
ースです。
(日本は広いので、なかだに、こだに、おだにさんもいるかも知れませんが)
 
以上、大変長くなりましたが、毛野が色々に変化、流転を繰り返したのち、こうづけ
になった経緯をご説明しました。千変万化、出世魚みたいですね。
日本語って、ややこしいのですが、面白いと思いませんか?
 
あっ、それから、毛野の毛はちゃんと残っていて、両毛線(リョウモウセン)とか
上毛新聞(ジョウモウシンブン)とか現在もあります。
余談ながら、志摩には栃木の血が入っているので、遠祖は蝦夷かな、と思う時があり
ます。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

2.dbNET会員企業紹介   ~ワイエム工業株式会社~

このコーナーでは、dbNET会員企業を順次紹介しております。
企業概要、事業内容は各社のホームページより抜粋しております。
是非一度アクセスしてみてください。

======================================

ワイエム工業株式会社(本社:大阪市平野区)は、階段すべり止め、手すり、コーナー
保護材など人々の安全な生活環境づくりをめざす建築金物メーカーです。

当社の行動の源は、3つの経営理念から成り立っています。
①明るい血の通った企業体質の会社を作ります。
②何事にも妥協を許さない厳しい企業体質の会社を作ります。 
③付加価値の高い製品と技術力を持って広く社会に貢献し得る健全な企業体質の会社を作ります。

この3つの経営理念を社員1人1人が意識することによって、より活力のある会社に育つと確信 
しています。小さな少人数の会社ではありますが、この理念がある限り、大きく社会に貢献でき
ると信じています。

事業内容
樹脂押出成型、建築金物製造販売 、責任施工、建築工事業


 http://www.ym-k.co.jp/


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

3.セミナー・展示会のご案内 「 ロボデックス セミナー & スマート工場 
                                                           EXPO セミナー」

======================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

 .:□■  ロボデックス セミナー & スマート工場 EXPO セミナー  ■□:.
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   開催期間:2018年1月17日(水)~19日(金)   会 場:東京ビッグサイト

 【早期割引中】申込はこちら ⇒ http://www.robodex.jp/seminar/apply/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

<講演内容(一部抜粋)> ※11月15日時点、敬称略

  ■[ROBO-3] 実用化が進む協働ロボットの最新動向と導入事例 ※事前申込制

   『食品工場への協働ロボット導入』
     日本製粉(株)生産・技術本部 プラント部
         プラントグループ技術開発チーム チームマネジャー  本田 敦 

     【講演内容】
        食品製造業は、弁当製造など大半の作業を人に頼っている。また、製造する
        製品が頻繁に入れ替わり自動化は難しかった。そのような現場を想定して
        開発を行った協働ロボットの活用例についてご紹介致します。 

   『タイトル近日公開!』
     ユニバーサルロボット ゼネラルマネージャー  山根 剛 

    [詳細・お申込み] ⇒ http://www.robodex.jp/seminar/3 

  --------------------------------------------------------------------

  ■[SFE-3] 中小企業のスマート工場化 最前線!  ※事前申込制

   『「安い!早い!簡単!」常識外れのIoTモニタリングサービス』
     i Smart Technologies(株)代表取締役社長 CEO  木村 哲也 

    【講演内容】
       「安い!早い!簡単!」な常識外れのIoTのモニタリングサービスを作り上げ、
        主に中小企業に提供中。中小企業でも活用可能な進化し続けるサービスの
        システム構成、開発経緯、成果、運用にあたっての工夫、他社との考え方の
        違いなど最新事情をご紹介。 

   『中小製造業におけるIoTを活用した「生産性向上」』
     武州工業(株)代表取締役  林 英夫

    【講演内容】
        IT/IoTを活用して、生産性の向上や無駄のないものづくりを実現するために、
        毎日の「棚卸し」を実現、現場の「見える化」により効率的なものづくりを
        実現している。IoTは、「手段」であってそれ自体が「目的」ではない。
        中小企業にとって、IoTの導入は、予算面でハードルが高い。しかし、目的を
        はっきりと持ち、その手段として最適なIoTの導入をすれば、IoTは予算を
        かける価値のある大きな「武器」になる。本講演では、自社でIT/IoTを導入
        して価格競争に打ち勝った事例を基に、中小企業のスマート工場への
        取り組み方についても提示したい。 

    [詳細・お申込み] ⇒ http://www.sma-fac.jp/seminar/3 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 その他にも同時開催で下記のようなセミナーを開催!

  ■[ROBO-1] 自動化の時代が到来!広がる産業ロボットの活用領域
             【講演企業】KUKA、ダイヘン

  ■[ROBO-2]『空の産業革命』 ドローン普及のカギとは?  
             【講演企業】エアロセンス、スカイロボット

  ■[ROBO-3] 実用化が進む協働ロボットの最新動向と導入事例 
             【講演企業】ユニバーサルロボット、日本製粉

  ■[SFE-1] デジタルツインは製造業とサプライチェーンを革新するか
             【講演企業】PTCジャパン、シーメンス

  ■[SFE-4] 古い設備のIoT化をどのように実現するか?
             【講演企業】シュナイダーエレクトリック、
                         東洋ビジネスエンジニアリング

  ■[SFE-5] ものづくりを進化させる「IoTプラットフォーム」の戦略と適用事例 
            【講演企業】日本マイクロソフト ほか1社

 
━━━━━━━━━━━━<併催展示会>━━━━━━━━━━━━━

      第2回 ロボデックス -ロボット開発・活用展- 
           http://www.robodex.jp/   

               第2回 スマート工場 EXPO
             http://www.sma-fac.jp/   

     会  期:2018年1月17日(水)~19日(金)
     会  場:東京ビッグサイト
     主  催:リード エグジビション ジャパン(株)
     同時開催:第47回 ネプコン ジャパン
          第10回 オートモーティブ ワールド
                   第 4回 ウェアラブル EXPO
          第 2回 スマート工場 EXPO

 来場事前登録をいただくと、通常5,000円の入場料が【無料】に!
        来場事前登録(無料)はこちら
        ⇒ http://www.robodex.jp/inv/    

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
===============================================
リード エグジビション ジャパン株式会社
ロボデックス/スマート工場 EXPO セミナー 事務局
Tel:03-5259-9056 Fax:03-3295-7007
===============================================


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

5.エピローグ

チバニアン、千葉時代。ニアンはラテン語です。
これも日本人にとっては、心弾むニュースでした。
志摩は地学、地質学にはまったく疎いので、詳細はわかりませんが、大きな話題にな
っていました。
ラテン語、これは厄介なんですが、遠い古代ローマの南東にあった国名で、そこで話
されていた言語、としておきます。
イギリスの名門大学では、今でも勉強されているのでは?
教養の証なんです。
ユビキタスとかナイキとか、ラテン語です。
言葉の宝庫で、人類が新しい事物や観念を生んだ時、現今の言葉の中から、適当な言
葉を見つけられない時、ラテン語から借りる、ということがよくあります。
 
織田信長を殺害した明智光秀の娘、細川ガラシャですね、あの時代に、ラテン語がす
らすら読めたと、司馬遼太郎がどこかに書いていましたが、ラテン語の先生に言わせ
ると、『ありえない。さすがの大作家もつい筆が滑ったのだろう』とおっしゃってい
ます。
 
さて、地磁気の逆転を発見したのは、京都大学の松山基範(もとのり)先生だそうで
すが、発表したのは88年も前で、当時はハナも引っ掛けられなかったとか。
こういう記事に接するたびに、自然科学系の学者に対する尊敬の念を強くします。
先生は今頃泉下で、『これぞ学者冥利であるな』と喜ばれているでしょう。
千葉県に先生の顕彰碑を建立すべきですね。森田知事、どうですか?
目ざとい出版社が、先生の伝記、評伝を出すかも知れません。
 
岩波書店の『広辞苑』が、来年の1月に改訂されて第7版が出るそうです。
このチバニアン、もう登録、掲載は間に合わないでしょうね。
残念ですが、次回の改訂版には載るでしょう。

広辞苑にはバカ者言葉、『がっつり』が新たに入る由。
下品でイヤな言葉ですね。がっつり食う、食べる、なんて。
志摩は、たらふく食う、が好きです。
 
さて、この広辞苑ですが、元々岩波書店が発行元であったわけではないのです。
戦前に、辞苑という辞書がありました。
編集、発行元は博文館です。事情(多分、経営不振が原因)があって、版権を岩波
が譲り受けたのです。で、頭に広い、広を付けて、広辞苑となりました。
発行は昭和40年です。
十数年置きに改訂版が出て、その都度、どんな新しい言葉が採用されているかが話
題になります。さすが天下の岩波書店! 大手新聞社には岩波信者が多いのでしょう。
しかし間違いあるので盲信は禁物ですよ。
『こうづけ』が『こうずけ』になっていますよ。
(博文館は現在、博文館文庫として残っています。本屋で、たまに目にします)

なぜ、がっつりが嫌いなのか?
だいたい、古い日本語には、濁音ではじまる言葉は、ほとんどなかったのです。
たとえば、誰、現在は、だれ、と発音しますが、昔は、たれ、です。
『ああああ、誰(たれ)か故郷を 思わざる』♪ という歌がありましたね。
抱くは、『いだく』ですが、これは継承されていて、いまでも『思いをいだく』と
言います。
『どこへ行く』の『どこ』は、『いずこ』でした。
『出る』は、『いでる』です。
子供に、坊や、こっちにおいで、と言いますね。
これは、語頭に丁寧語の『お』をつけて、おいで、です。
時代劇ですと、こちらにいでよ、とちゃんとなっていますね。

言葉の頭に、つまり語頭に濁音がいきなり出てくるようになったのは、ずっと後世から
です。断崖絶壁とか。
つまり漢字が大陸から入ってきて、漢字・漢音に日本人が習熟するに応じて、増えて行
ったものと思われます。換言すれば、音読みに慣れて行った。
源氏がありますが、これも、元々はみなもとで、音読みのゲンジが、先にあったわけで
はない。
仏教も、はじめは、ほとけのおしえ、と呼んでいたはずです。
『初めに清音ありき』が日本語です。
ですから、語頭にいきなり濁音が出てくる言葉は、新しい、と考えてよいと思います。
日本人はなぜか清いものが好きで、たとえ言葉でも、濁った音が嫌いなんです。
 
苗字でも、後藤、権藤、馬場などありますが、とても少ない。
圧倒的に清音からはじまる苗字が多い。田中、鈴木、小林、高橋、山田、加藤、等々。
だから、ガッツリはおぞましい。
わしの前で、そんな言葉つかうな、イネ!
『激うまっ、やばいっ』
志摩は『うまい! 後をひきそうで剣呑であるな』が好き。
 
今回は言葉について長々と申しあげました。
こまかい男です。ひらにご容赦を!

さあ、来月は師走、読者の皆さん、怪我、風邪に注意して、元気にお過ごし下さい!


======================================
最後までお読みいただきありがとうございました。
メルマガ会員も常時募集しています。(会費は無料)
本メルマガに興味を持たれそうな知合いがいらしたら、是非ご紹介ください。

▼【お問い合わせ、新規ご登録等】
 本件に関してご不明な点がお有りの場合は事務局までお問い合わせください。
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )
 
▼【メール配信停止】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )

▼【配信先メールアドレス・住所・連絡先など登録情報の変更】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  発行:有限責任事業組合C-PES研究会 dbNET事業部 
               http://www.dbnet.gr.jp/
     〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥