建築・土木・設備製品・工法 総合カタログdbNET

〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

dbNETメールマガジン【VOL.86】

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ☆★☆   dbNET   Weekly ニュース    ☆★☆
                            【VOL.86  2016年 8月 26日】
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

…………………………………………………………………………………………………
このメールはdbNETファミリーのユーザー登録時にメールアドレスをご記入いた
だいたお客様に送信しております
    Webサイト ◇http://www.dbnet.gr.jp
    Facebook  ◇http://www.facebook.com/dbnetgrjp
    Twitter  ◇http://twitter.com/dbNET12

…………………………………………………………………………………………………

■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■   今週のもくじ
■ 1. プロローグ
■ 2. dbNET会員企業紹介  ~株式会社日本陶業~
■ 3. J.Hのささやき VOL.82 『石垣考(2)』
■ 4. dbNETファミリーへのリンク
■ 5. エピローグ 
■       
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1.プロローグ

蝉の声が間遠になってきました。いよいよ秋近しです。
 
蝉は地中に七年間ひそんでいて、それからやおら地上に出てくると言われています
が、どうも、実態はまだ不明で、2~3年という説もあります。
アメリカには17年蝉というのがいて、17年間も地中にひそんでいるとか。
まあ、世界は広いので、色々ですね。
 
さて、ニ週間ばかり『スポーツ列島ニッポン』という状況でしたが、読者諸兄も夢
中になっていたのでは。
志摩はテレビがないので、もっぱらラジオでききました。
だって子供の頃は、野球も相撲もラジオできいていたのですから。
どうしても見たい時は、近所のラーメン屋に行きました。
次回の東京五輪は、仕方ないので、テレビを買って、堪能するつもりでいます。
 
東京五輪では、メダルの獲得数は50を越えるのでは?
メダル獲得数の上位国ランクを見ると、アメリカをはじめとする大国が占めていて、
貧しい小国はごくわずか。スポーツもやはり経済力がもといになっているのですね。
有能なコーチを海外から呼ぶのも金がかかるし、諸設備費もバカにならない。
まあ当然のことながら、国力がバックにあってこそのことです。
 
毎度のことながら、柔道は、重箱の隅をつつくような微細なルール、釈然としませ
ん。JUDOになってしまって、愉快ではないですね。 
威風堂々、かつての山下のように、両手を高々とあげて、好きなところを相手につ
かませる、それが柔道でした。
剣道は絶対に、五輪競技に取り込まれてはいけません! 
KENDOになってしまって、見苦しいだけです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2.dbNET会員企業紹介   ~株式会社日本陶業~

このコーナーでは、dbNET会員企業を順次紹介しております。
企業概要、事業内容は各社のホームページより抜粋しております。
是非一度アクセスしてみてください。

=====================================

株式会社日本陶業(本社:東京都中央区)は、様々な提案をして参ります。
まず、タイルで何が表現できるでしょうか。
皆様のニーズに沿うべく、国内外のタイルやオリジナルタイルの提案をさせていた
だきます。
次に時代が求めているものは何でしょうか。
新築や改修を含め、外断熱工法や住宅設備工事のものまで、環境を配慮した提案を
させていただきます。
そして様々な優れた商品と工法に加え最も大切な安心と信頼をいただける最新工法
の提案など、日頃の施工品質管理に重点を置きつつ、ご要望にお答え出来ます様、
更なるご愛顧を賜るべく、日々研鑽を積み重ねてまいる所存です。

事業概要
・タイル工事:内外装手張り施工
       PC打込みタイルユニット製作・管理
       各種タイルのご提案
・住建工事:内外装手張り施工
       PC打込みタイルユニット製作・管理
       各種タイルのご提案
・乾式タイル工事:カーニバル工法(新築・改築・外断熱対応)
       大型タイル乾式工法(ニューグリップ工法など・・)
・その他

     http://www.nihontogyo.co.jp/


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

3.J・Hのささやき VOL.82 『石垣考(2)』

=====================================

こんにちは、ジェームス・ホントです。

石垣は、山野に転がっている自然石を積む『野石積み』と、大きな岩塊を割って利
用する『樵石積み』(こりいしづみ)の二つに大別できます。
樵は、木樵(きこり)の『こり』で、切る、刈ると同源の語です。
石工という職人には、石採工(いしとりこう)、石積工、石彫工の三種類がありま
す。

    『士分としてのアノウ』

石工が歴史に顔を出すことになるキッカケとなった、織田信長の安土城は完成後
三年にして焼亡しました。
今でも石垣の一部が残っていますが、大きな石を城山に引き上げるため、滝川、丹
羽、羽柴の三将が合力して一万人余りの人夫をかき集めました。
さて、穴太(アノウ)ですが、アノウという土地は近畿地方にはよくある地名で、
大和の穴穂(アナホ)から別れた地名と言われ、そこには早くから墓石や輪塔の製
作に巧みな石工が多くいて、石塔師と呼ばれていました。その石塔師と隣村の臼師
が、にわかに安土に召し出されて、石垣普請を請け負うようになりました。            
 
つまり、アノウの職人は、本来的に石垣造りの職人ではなく、彫石工、積石工だっ
たのですが、信長のご下命とあれば否も応もなく、イヤイヤながら、仕事に就くこ
とになりました。
ところが、そこに、石山の切り出しに来ていた瀬戸内海沿岸の職人がいて、瀬戸内
海沿岸には本格的な石垣師がたくさんいることがわかり、その連中を呼び寄せるこ
とになりました。つまり、アノウ衆(役)は、本物の石垣師を監督、つまり管理す
る側にまわったわけですが、その後、様々な曲折を経て、後世石垣造りを代表する
呼称になったわけです。
 
アノウは信長の許可を得て、『士分』に取り立てられ、石垣師という職人を統率、
管理する身分に上昇したわけですが、職人が『士分』になりあがるというのは破格
のことで、『されば、まこと果報極まる人たちと申さうず』と史書にはあります。 
現在、アノウという名称は、穴納、安濃、安能、阿野という苗字で各県に残ってい
ますが、派遣された職人が、その地域に居残った結果です。
また野のつく苗字、たとえば下野、水野、草野、野本などは、アノウ系の名前と考
えられています。

   『築城の名人・加藤清正』

加藤清正は、石垣取りの名人と言われ、大坂城、江戸城、名古屋城の構築に尽くし
ています。
加藤家の石積み方式を世に『肥後流』と言いました。
清正自身が『石工』を務めたわけではもちろんなく、配下に侍大将の飯田覚兵衛、
足軽大将に三宅角左衛門がいて、この二人が設計者でした。
秀吉の二度に渡る朝鮮出兵に際しては、清正は彼の地に二十八もの城を造っています。
  
清正の城造りはとてもあわただしい仕事であったと想像されますが、さっさと仕事を
こなしてゆくには、相当の熟練が必要とされるので、清正の配下には何人もの有能な
職人がいたようです。
  
1592年と1596年の二度にわたる朝鮮出兵には、20万人の日本人が動員され
ています。
当時の日本の人口は約1300万人。そのうちの20万人。手柄を立てて身分上昇を
願う男どもがドッと朝鮮になだれこんだのですから、大変なことです。
20万人というのは、いまなら200万。途方もない数字ですが、秀吉の死によって
全軍撤退となり、その後、朝鮮との国交修復に努力したのが徳川家康。さすがです。

   『石垣に恵まれた日本』

万里の長城。とにかく長い。しかし純粋なる石積みの部分は意外と少なく、ヤナギや
アシを束ねたものと粘土とを交互に積み重ねた土壁に近いものが多いとか。
あるいは土築き、あるいは煉瓦で、万里の長城は『万里の石垣』ではありません。
石積み擁壁は、石に恵まれていないと出来ません。
日本は、なぜか石がゴロゴロしていて、それを古代より有効活用してきました。
必要な場所に石を重ね、組み合わせることによって、生活の防衛を図り、利便性を追
求し、安定した生活空間を作ってきました。
はるか南方に石垣島がありますが、海に囲まれているので、防波堤としてたくさんの
石垣を造営したのでしょうか?

さて、熊本城の『奇跡の一本石垣』ですが、一本の石組みだけで支えられている『飯
田丸五階櫓』、この飯田は、前述した『飯田覚兵衛』が由来と思われます。
工事の進捗状況はわかりませんが、日本の誇る名城のひとつ、キチンと復興すること
を願ってやみません。


参考図書 『ものと人間の文化史・石垣』 田淵実夫著 法政大学出版局
      その他

次回は『瓦考(1)』です。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

4.dbNETファミリーへのリンク

=====================================

☆リアリムプロジェクト   http://www.realim.jp/
  ・写真をもとに外壁や内装などCGパースシミュレーション

☆リフォナビ   http://www.refonavi.com/
  ・住宅、マンションリフォーム会社総合情報サイト

☆ユ二クル    http://www.dbnet.gr.jp/unicl/
  ・マンション改修のためのコストシミュレーションソフト

☆ケンサン    http://www.refonavi.co.jp/
  ・建築・設計・設備業界情報満載!!建築検索エンジン

☆クローバー総合サービス㈱ http://cloverts.jp
  ・25年の実績を持つCAD集団、BIMのご相談、耐震改修に対応


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

5.エピローグ

男子サッカーでは、開催国のブラジルがドイツに勝ちました。ネイマールが決めま
した。よかった! 負けたら、暴動が起きるのでは心配していました。暑すぎる国
ですから。
だって、前回のワールドカップではドイツに完敗でしたから。

高校野球もよかったですね。
作新学院の選手たちの頭上に栄光の光が燦燦と降りそそぎました。
投手の今井君がよかった。
152㌔のボールを投げていました。プロがスカウトするかな?
 
作新と言えば、とっさに思い浮かぶのは江川ですね。
とにかく、豪速球に手も足も出ない。ファウルしただけで、バットに当たった、と
喚声があがるほどの速球でした。高校野球を長いこと見ていますが、あれほどの速
さは、あれ以来目にしていません。やはり怪物だったのでしょう。155~157
㌔は出ていたのでは?
しかし江川は、プロ野球の世界では期待された数字を残せませんでした。 
引退したのは32、3歳。確か通算で135勝でした。残念!250勝は軽くでき
たのに! 『ほんとに、江川ってやつは!』と何度思ったことか。
それに比べると、現在優勝に向かって驀進している広島の黒田は偉い。日米通算2
00勝。職人ですね。
またヤクルトの石川は小兵ながら150勝に王手をかけています。立派ですよ。
 
オリンピックの男子マラソン、日本勢は惨敗でした。
ここ20年、ろくな選手が出てこない。
かつての瀬古や中山クラスの選手が育っていない。
加えて、アフリカ勢はどんどん進化しているので、その差はつくばかり。
トップと1キロも2キロも差がある。見ていて、日本人選手が痛々しく見えます。
きつい言い方をするなら、出なくていいよ、とすら思ってしまいます。
期待の念が強いからこそ、失望の念もまた強い。
なんとかして下さい!
 
箱根駅伝では毎年凄い選手が出ているのに、どうして、と思うのですが。
『超長距離』のマラソンと山道を走る駅伝を単純に結びつけることは出来ないのか?
 
秋近しとは言いながら、まだまだ暑さが続きそうです。ご自愛下さい。
 
 
=====================================
最後までお読みいただきありがとうございました。
メルマガ会員も常時募集しています。(会費は無料)
本メルマガに興味を持たれそうな知合いがいらしたら、是非ご紹介ください。

▼【お問い合わせ、新規ご登録等】
 本件に関してご不明な点がお有りの場合は事務局までお問い合わせください。
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )
 
▼【メール配信停止】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )

▼【配信先メールアドレス・住所・連絡先など登録情報の変更】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  発行:有限責任事業組合C-PES研究会 dbNET事業部 
               http://www.dbnet.gr.jp/
     〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥